ブログ | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ 

2021年 1月 19日 一番大切なこと!

 

皆さんこんにちは!担任助手の吉田千尋です。

 

 

皆さん共通テスト同日体験受験お疲れさまでした!!どうだったでしょうか…?

上手くいったという人もいれば悔しい思いをしたという人もいるんじゃないでしょうか。

 

このブログを読んでいるあなたがどちらであっても絶対に絶対にやってほしいことがあります。それは…

 

 

 

復習です!!!

 

 

 

模試後に復習しないなんてありえません!今回はその方法について少しお話したいと思います。

 

英語に関しては音読がおススメです!文章量が多い問題に対応するために速読力を身に着けるには音読が一番効果があります。自分で本文にスラッシュを引きながらやるとやりやすいですよ!

 

現代文は解答、解説を読んだうえで本文中の筆者の主張や逆説に印をつけながら読み直すのがおススメです!そうすることで文章が立体的になり、自分が何を根拠にしなければならなかったのかということが分かりやすくなると思います。

 

古文に関しても現代文と同じように読み直すことが大切です。特に主語が省略されている場合が多いので誰が言った台詞なのかを明確にしておく必要があります。

もう一つ古文、漢文で重要なのは単語と文法です。自分がどうして間違えたのかを明確化しましょう!

 

社会科目は間違えてしまった、分からなかったところをチェックし、教科書や資料集でその分野を確認→ノートか何かにまとめましょう!

 

 

今回は簡単に3科目の復習方法についてお話ししました。私は↑の方法で模試の復習ノートを作っていました。ただ見て確認するだけだと少しもったいないので自分で書いてまとめることがおススメします。

 

 

自分が間違えたところを見たくない!という人もいると思います(私もそうでした…)。しかし復習しなければ今回間違えたところを次回も間違える可能性が高くなります。

 

そちらの方が嫌ですよね(-.-)

 

 

今回の体験を活かすも殺すも自分次第です。

 

 

 

 

明日のブログは木村先生二次私大への切り替え方についてお話してくれます!まだまだ直前まで伸びます!!

お楽しみに~

2021年 1月 18日 プロの受験生とは?

こんにちは!

東京外国語大学1年の岡田です!

昨日、一昨日と初めての共通テストお疲れさまでした😊

 

今日のブログも受験生のみんなに向けてお送りします💁‍♀️

2日目の夜に私の担当生徒数名に電話で様子を聞いたのですが、色々な手ごたえがあったようです。共通テストを終えて、「一つの山を越えたな」ととりあえず昨日の夜は一息付けたのではないでしょうか。

今年はコロナの影響で春には東進も閉まり、学校も度々休みになり、試験形態もコロコロ変わるし、今年からセンター試験は共通テストに変わってしまうし、、本当に激動の一年間でしたね。そんな中で、どんな手応えだったにしろここまでとりあえず戦い抜けたキミはたくましいです。本当におつかれさま。😌

 

 

今日みんなに伝えたいことは、今日から切り替えて二次私大も勝ちに行く方法について。

ズバリ、プロの受験生になる極意をお教えしましょう!

 

極意1:過去から学ぶ!分析しまくる!

まず大前提として、皆さん共通テストの答案再現は済ませましたか?

模試を必ず即日復習していたように、入試もアフターフォローが大事。だから、受けっぱなしにするのではなく、その結果から分析できることを確実に吸収したいところです。そのツールとして共通テストリサーチをぜひ活用してください!

「うまくいかなかったからリサーチかけたってどうせ結果わかるもん…」って思う子もいると思うけど、共通テストリサーチは何も志望校判定だけのためのものじゃない。全体の平均点、同じ志望校の人たちの得点層、自分の科目ごとの点数の偏り、出願予定者数と予想倍率etc…これを見ずして勝手に落胆していてはだめです。試験はあくまで周りとの勝負。自分の目標点に達していなくても周りもできなかったらそれでよいのです。

だから、うまくいかなかったと嘆く前に、全体の中での自分はどうだったのか、周りに比べて足りなかった点はどこか、第一志望校とはどのくらいの差があるのか、どうやったら埋められるのか、それを必死に考えるのが先です。

嘆いてばかりでは何も変わりません。考えましょう。アクションを起こしましょう。

今しか結果は変えられないのだから。

 

 

 

極意2:やることリスト(予定)を確実に

共通テストを皮切りに受験期に突入です。人によっては2月に何日も連続して入試を受ける人も少なくないはず。

となると、いざもう入試が始まれば今までのように一日中東進にこもってひたすら過去問や単ジャンを解いて参考書を眺める時間はなくなってしまうわけです。そーんな時に、

「今日何しよっかなあ、あーこの前英語うまくいかなかったっけ、いやでも日本史のあそこ確認しておきたいな、ああそういえば…🙄」

だなんて刹那的・衝動的にやっていたら悩む時間も死ぬほど無駄だし、本当にやるべきことをやらないまま時間切れになってしまうかもしれませんよね。だから、これまでの過去問の分析などの集大成として合格点まで自分の点数を引っ張り上げるためには、どの科目のどの分野をどのように勉強するのかをもう一度優先順位を立て直して効率的に取り組む必要があります。

優先順位を見極める基準としては、

①次の入試で問われたら自信がないもの(苦手なもの)

②次受ける学校の入試で配点が高いもの

③よく出される分野ですこし不安なところ

といった感じでしょうか。自分のできるところを確認する気持ちのいい勉強は、確かに自己肯定感を挙げることにはつながるかもしれませんが勉強の本質ではありません。もっとも、点数を伸ばす勉強にはつながりません。できないこと、不安なことを理解して、自分のものにして、試験中に使えるものとなって初めて点数が伸びるのです。

だから、この時期だからこそ不安なところ、覚えきれていないところ、わからないところを中心に苦手ばかりに挑戦する苦しい勉強をしてください。私が保証します。苦しい勉強をあと1か月耐え抜いたら本当に人生変わるよ。

 

極意3:とはいえど基礎も徹底

受験期とは言っても、試験を受ける時間以外はいつもと同じ勉強をしてください。

というのは、高速基礎マスターだったり、古文単語や英単語、一問一答に計算演習など、問題を解くにあたって材料となるもの、手掛かりとなる知識は多すぎることはありません。やりすぎもありません。応用問題は基礎がきちんと積まれていて初めて解けるもの。だから、受験期だからとやたら難しいものばかりに手を出すのではなく、今こそもう一度基礎の徹底を。

 

極意4:希望を捨てないこと

これが一番大事。

一年間、ないしはそれよりも長い時間かけてみんなは自分の行きたい大学に向けて必死に努力を重ねてきたはずだよね。例えば共通テストで納得いかない出来だったとしても、それで受験は終わらないはず。これまでの模試の成績が散々だって、それが入試本番の結果じゃない。だから、今諦めようとすることは今まで頑張ってきた自分を台無しにすること。だから、すべての入試が終わるまで、1ミリたりとも気を緩めないで。必死にもがき続けて。きっと苦しい、というか絶対苦しい。

でも乗り越えた先で本当に見える世界が180度変わるような気持ちになれる結果が待っているはず。

仮に求めていた結果でなくたって、死ぬ気でやった経験は絶対自分の財産になるし、大学受験でこれだけ頑張れたんだからってこれから先の困難に対しても自分の努力の天井の高さに自信が持てるようになる。本気で頑張った人は、人として豊かになれるはず。

だから、どうか最後まで希望を捨てずになりふり構わず全力でやり切ってほしい。

 

結果は自分で変えるもの。可能性は自分で広げるもの。

私たちはみんなのことを全力でサポートします。

だから、辛くなった時、困った時、ちょっと話を聞いてほしい時はいつでも頼ってね😊

 

私も全力で応援してます。頑張れ!受験生!

 

いつものことだけどまた長くなっちゃった…(笑)

最後まで読んでくれてありがとう😋

 

 

 

ここのところ受験生にむけてのブログが多かったのですが、

明日は同日大権受験を終えた低学年の皆に向けて

吉田先生同日受験の次への活かし方をお話してくれます!

明日も必ず読んでください💜

 

2021年 1月 17日 前だけを向いて

担任助手3年の八城です!

このブログは、共通テスト2日目今まさに挑もうとしているあなたに向けて書きます。

これだけは心に残していってください。

 

実力は必ず発揮されます。

 

1日目、思ったように行った人、行かなかった人いると思います。

 

特に、1日目の手ごたえがなかった人、いると思います。

「もう切り替えた!」

という人は大丈夫だと思います。大いに実力を発揮してきてください。

 

しかし中には

 

「もうこの流れのままだったら明日失敗する、、、」

「やばいやばい、、、」

切り替え切れていない人、いるのではないですか?

そのような人へ、もう一度言います

 

実力は、必ず、必ず発揮されます。

 

なぜなのか

 

悪い科目もあれば、いい科目もある得意不得意関係なく

 

たまたま、悪かった科目が1日目に来てしまっただけなんです。

 

悪いことの後には必ずいいことがあります。

 

いつも通りの実力が必ず結果に反映されます。

 

2日目は必ずいい結果になります

必ず

 

しかし、2つ約束をしましょう。

その約束を守ってくれるならもう大丈夫です。

 

①焦らない

「焦る」というのは自らの創造力を削ぎます。科学的に証明されています。

「1日目の分まで頑張らないと、、、」

と思ってやるのは、やめましょう。

いつも通りの自分いつも通りの解き方が一番ですよ

 

②過去を振り返らない

「昨日のようになったらどうしよう、、、」

やめましょう。なりません、あなたがそう思わなければ

必ず悪いことの後にはいいことがあります。

あなかが、過去を振り返って「悪」を引き寄せなければ

を向きましょう、を生きましょう、今日を生きましょう

 

「焦らない」、「前を向く」。この2つを意識してください。

あなたの努力は裏切りません。あなたの実力は必ず自分が持っています。

今日はいい日になりますよ!

 

 

 

おっと、もう一つ約束を忘れていました

 

 

 

③笑う

 

笑顔で今日も!いってらっしゃい!!

 

今日、笑顔でやり切ったみなさんは、、、

誰よりも皆さんのことを考えている岡田先生のメッセージを読んで、さらに前へ進みましょう!

 

 


2021年 1月 16日 走り抜け!

こんにちは!早稲田大学文化構想学部1年の奥です。

ついに今日は共通テスト本番ですね🔥

2021年になってから本当にあっという間でした。

私からは受験生の皆さんに試験当日意識してほしいことについて、少しお話ししていこうと思います。

其の一、

試験開始の3、4時間前には起きて活動出来る状態にしていよう!

起きてから脳がフルでパフォーマンス出来る様になるまで、大体3、4時間かかるそうです。去年何回か入試を経験した私ですが、起床時間による頭の働きの差は実際感じました…。ただ、万が一起きるのが遅くなってしまっても、どうにかなります。というかどうにかするんです!!!!(私は肩や首筋、こめかみあたりをひたすらマッサージしてました。意外と効く。)

其の二、

いつもと違うことはしない!

人間はいつもと同じ、ということに安心感を覚えます。ルーティン作ると良いよ、というのもそこからきてます。「いつも通り頑張れ」とは言いません。本番なんて「いつも」と全然違うし、意識すると逆に難しいから。ただ、「いつもと違うこと」はしなくていいです。昨日までやってきた演習を、自分で見つけた勝利の方程式通りにこなせば良し!だって、過去問や模試の年度がただ「2021」に変わるだけなんだから!

其の三、

目の前の問題に集中せよ!

1 つ1つの問題と丁寧に向き合うこと。少しでも手を抜いたら、少しでも舐めたら足元を掬われてしまいます。無理に点数を稼ごうと意識しなくて良いです。1つ1つを積み重ねていったら、気付いた頃に100にも200にもなってます。だから、とにかく目の前の問いに集中して答えを出していこう!これを意識すれば、自然と切り替えも出来るんじゃないかな?前の科目の結果なんて気にしてる暇ないからね。

其の四、

自分を俯瞰してみよう!

多くの受験生が緊張すると思います。私もそうでした。緊張はしても良いです!しないようにする方が難しい!目の前の問題が解けるのなら大丈夫です。ただ、あまりにも緊張してしまう時は、緊張してる自分を客観視してみてね。状況を一歩引いて見ることで、意外と冷静になれるもんです。

其の五、

迷ったら悔いのない選択を!

判断に迷う時は絶対に来ると思います。その時決断するのって勇気が入りますよね。その一瞬で結果が左右されるから。そんな時は、「どちらの選択をしたら2日後自己採点をした時の自分は後悔しないかな?」と考えてみて下さい。自分の持てる力を出し切ってそれでも間違えるならそれはそれで良しです。だから、最後まで考え抜いて、悔いのない選択をして下さい。

後は、一回しかない2021年共通テストを楽しんできて下さい!!!!それくらいの心の余裕を持てると最強です。しんどいなぁ、緊張するなぁ、と思った時は、作り笑顔でも良いから笑ってみてね。笑顔の力って大きいもんです。

最後に。

 東進ハイスクールの高校生は、横浜校の高校生は他のどの高校生よりも、必死に直向きに頑張っています。加えてこの未曾有の事態の中、めげずに共通テスト本番を迎える事が出来た受験生の皆さんは、間違いなくどの年の受験生よりたくましいと思います。

あとは胸を張って全力で走り抜いてこい!🔥

応援しています。

明日は誰よりもアツイ八城先生が、引き続き共通テスト当日の過ごし方について話してくれます!お楽しみに!

2021年 1月 15日 いよいよ…!!

こんにちは!

担任助手3年の高橋です!

 

ついこの前2021年が始まったと思ったら、もう1月も半分過ぎてしまいますね…!😲

 

そして、ついについに共通テスト本番明日になりました!!!

いよいよここから入試がスタートしていきます。

 

今日は、当日の過ごし方、そして受験生の皆さんへのメッセージもお伝えできたらと思います!

 

 

まずは当日の過ごし方についてです。

…と言っても、皆さんこれまでの共通テスト本番レベル模試のたびに本番を想定して模試前も模試当日も過ごしてきたんじゃないかなと思います!

なので、明日からの本番も今までやってきた通りに過ごすということを意識してくれればきっと落ち着いていけるはずです!今までたくさん受けてきた模試はそのためのものです!

 

 

私はずっと使っていた単語帳12月からずっと復習してきた地歴千題テストのテキストなど、とにかく愛着があるものを持っていき最終確認に使っていました。

こういうものでいつも通りの感覚に近づけていけるといいんじゃないでしょうか!

ずっと使ってきたものを持っているとなんとなくパワーをもらえる気もします。笑

 

気持ちの切り替え方などもシミュレーションしてきた人が多いと思います。

各科目が終わった後、一日目が終わった後は終わった科目のことはもう忘れましょう!!

何度も言われていることだと思いますが、「やばいかも、、どうしよう、、」「結構できたかも…!」と考えている時間はもったいない!

それぞれの試験時間が終わったら、次の科目に向けて気持ちも切り替える!!

 

共通テスト当日だけでなく、私大の入試が始まると次から次へと各大学の試験がやってきます。

終わった試験のことを考えてもしょうがないので、次の試験でいかに1点でも多くとるかということだけを考えましょうね!!

 

 

次に、入試のスタートを目前にした受験生の皆さんに伝えたいことを少しだけ!

まずはとにかく、自分たちの今までの努力に自信誇りを持って戦ってきてください

先月のブログにも書いてしまったのですが、志望校合格のために一生懸命努力している皆さんはとってもかっこいいです!!

ぜひ、かかってこい!!という気持ちで問題を解き始めちゃってください!

自信を持ってポジティブに、でも絶対に油断はせずに最後までやり抜きましょう!

 

そして最後に、先日校舎で行われた出陣式でお話ししたことも書かせていただきます!

それは、ずっと支えてきてくれている保護者の方や友達など周りの人や環境への感謝を忘れずにいてほしいということです。

 

みなさんがこうして受験に全力を注げているのも、多くの人からのいろいろなサポートがあったからだと思います。

私も直前期から受験の終わりにかけての時期は、両親や担任の先生がこれまでいろいろしてくれたことに応えなきゃ!という気持ちで頑張れていたなと思っています!

そして悔しい思いもたくさんした大学受験でしたが、私はこういう気持ちを持ちながら受験をやり切って終えられてよかったなと今では思います😊

 

綺麗ごとみたいですが、ギリギリの戦いが続いてつらい時、もうだめかもしれないと思ってしまう時、こういう感謝の気持ちのようなものがパワーになることって本当にあるんですよ…!

だから最後まで、今までいろいろな人にサポートしてもらったということそれに対する感謝の気持ちは忘れずに、一つ一つの試験を大切にして向かっていってほしいと思っています!

 

では、まずは明日からの共通テストに向けて、今日一日やるべきことをしっかりやり切りましょう!!!

これから始まる入試本番、最後まで一緒に頑張りましょう!!!👊👊👊🔥

 

明日は奥先生がブログ担当です!

当日の過ごし方についてお話ししてくれるようなので、お楽しみに!

 


最新記事一覧

過去の記事