受験は人生を決めないって思う人へ。 | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2020年 12月 30日 受験は人生を決めないって思う人へ。

 

こんにちは。横浜校担任助手の井上結賀です。

受験生のみなさん、そろそろキツい時期になってきた頃でしょうか。

本当にこのままやっていて受かるのか。

今までやってきたことは本当に正しかったのか。

不安だらけですね。。。

世間の人は、

この数日間のことを年末年始って

言っているらしいです。

 

でもそんな事みんなには関係ない。

ただの学校が休みの日と何ら変わりない。

 

変わることといえば、

強いていえば1月1日に神社に行く事くらい。

そういう夢中で必死な受験生を

目指して欲しい。

 

よく、

行く大学で人生は決まんない

 

みたいなこと言う人、いるよね。

 

確かにどこの大学に行くかはそこまで人生を決定しないかもしれない。

 

ただ、

大学受験で、

君たちの人生は決まるよ。

 

もう少し具体的に言おうか。

大学受験合格っていう、

大変な努力を必要とする目標に向かって

 

努力出来るか、頑張りきれるか。

 

これが君たちの人生を大きく左右する。

 

一般に、

高学歴の人が成功するイメージが

あるかもしれない。

それは、その人たちは入試と言う困難に

努力を重ねて打ち勝った人だからだ。

 

努力し、我慢し、そして目標を掴む

 

その喜びを知った人は、

将来頑張れる人になる。

 

そして色んな場面で

努力する経験を重ねていくにつれて、

努力を続ける力と、

同じ努力量で効率よく成功を導く力を

身につけていくんだ。

そんな人が成功しない訳がない。

 

高学歴が単に成功する訳じゃない。

難関大に受かるだけの努力が出来る人が、

将来成功して行く。

 

中にはいわゆる難関大に合格せずして

大きな成功を修める人もいる。

そうゆう人は高校時代は勉強以外の事に専念していたか、

卒業後に一生懸命に頑張る事への意義を見出した人たち。

高校時代勉強をあまりしなかったことが不利益として働く事も珍しくない。

 

ただ、

成功者の多くは

受験生として頑張れた人

である事には誰も文句を言えないだろう。

 

考えてみれば当然で、

 

今君たちには、

 

学校や予備校に行くお金を出してくれる親がいて、

寒い冬でも快適に勉強できる暖かい部屋があって、

一緒に頑張る仲間もいて、

絶対に負けたくないライバルもいて、

応援してくれる先生もいて、

頑張ったら褒めてくれる助手もいる。

 

 

これだけのものが揃っていて

頑張れないんだったら、

 

 

悪いけどもう二度と頑張れない人に

なってしまうかもしれないね。

 

君たちが将来どんなことをしているか、

僕には検討もつかないし、

自分自身何をしているか、検討もつかない。

でもこれだけは言える。

 

努力しない人生に輝きや充実はない。

 

 

だからさっき言ったように、

この2ヶ月が人生を決める。

そういう気持ちで努力をして欲しい。

では。風邪を引かないように。

                             受験生の、健闘を祈る。

 

 

明日は芝田響さんですよ。是非見てね。