理科・社会 | 東進ハイスクール 横浜校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2021年 7月 31日 理科・社会

こんにちは。一橋大学社会学部に通っております中島です

過去問演習は進んでいるでしょうか?ぜひたくさん取り組んで高得点をとれるように夏休みに頑張りましょう!

 

さて、今回のテーマは理科・社会の勉強の仕方ということなのですが、文系の人間が理科を語るというのは大変恐れ多いものがありますので、理科基礎・社会の勉強の仕方と置き換えてお送りしたいと思います。

 

まずは社会科目についてなんだけど、自分は日本史・地理で共通テストに挑みました。日本史はもともと得意だったのと強烈な記述を課す一橋の問題形式に対応するため、毎日知識を得ようと努力していました。移動中はもちろん、読書が日本史の教科書になっていたこともあった気がします。それぐらい日々の学習習慣が大事なんです!

夏の過去問演習時には抜け落ちていた知識事項や分野をノートにまとめ、関連事項をすべて洗いざらい復習し、次に活かし点数が取れるようになっていきました。

そうじて歴史科目は低学年のころから知識を抑えていくと後々楽になると思います。

一方で地理は学校のペースに合わせてやっておりましたが、まったく高校三年生の秋ごろまで成果が出ませんでした⋯なので意を決して自分で共通テスト予想問題集、センター試験の過去問に取り組み、知らなかったことや、考え方などをまとめ上げ、本番では九割近くとることができました。社会の第二科目は人によって大きく異なるので何とも言えないのですが、効率よく学習することが求められると思います。

おそらく多くの受験生が社会の第二科目は共通テストで終了するはずです。なので高校三年生のしかるべき時に集中して取り組むのも手かなと考えています。逆に国公立の二次試験で社会を二科目使う方は夏の過去問演習で第一科目と同様に取り組む必要があるかと思います!直前に詰め込むという方式では対応できないと思いますのでこの夏、しっかり取り組みましょう!

 

一方で理科基礎!一橋の社会学部は1000点満点中共通テストが180点分ありまして、そのうちの100点が理科基礎を占めています。つまり理科基礎の圧縮がないのです!なので受験生は満点しか狙ってこないのでかなり時間を割いて勉強しました。自分は共通テスト直前の一か月でやりこんで、結果成功することができました!

 

なので理科基礎は集中的に取り組むことで成果が出やすい科目といえるでしょう。自分がどの分野の知識が抜けているか、考え方に誤りがないか、問題を解きながら穴を探していくことで時間のロスなく取り組むことができると思います。

 

明日は前田先生が担当です!お楽しみに!