模試の復習が何よりも大切だ!!! | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2018年 10月 29日 模試の復習が何よりも大切だ!!!

こんにちは!首都大学東京 理学部生命科学科1年生! 三島です!!

さて、みなさん、昨日行われた全国統一高校生テスト本当にお疲れさまでした。🌸

各自、できたできないあると思いますが私から話したいことはみんなに共通して言えることです。それは………

模試の復習方法です!!!

もちろん、模試で大切なことは点数を伸ばせるかと言うこともあります。ですがそれ以上に模試を受ける意味とは

『自分の今いる勉強の現状把握』です。

自分にとって、何が苦手なのか…何が得意なのか…何がライバルよりも足りていないか、どこが勝っているか

それを理解することで、今後何を中心に勉強していけばよいかが決められるとにかく大切な存在、それが模試です。

点数が伸びなかった、もうだめかもしれない

ではなく大切なことは

ここから自分の弱点をどう補強し、点数を伸ばすべきか

を考えて下さい、なかなか難しいことかもしれませんがセンター試験本番まであと80日を切ろうとしています。立ち止まっている暇はありません、ここまできたら突っ走るのみです。自分の苦手補強に全力を注ぎ得意部分をキープしましょう。

 

と、いいつつもどう復習すればよいかなんてわからない………と言う人のために、私が実際に使っていた復習ノートの画像を持ってきました!!!

 

 

これは私が実際に使っていた化学の復習ノートです。

まず、間違えた問題のコピーをノートに貼り解きなおしをします。その際に『一回目自分は何で間違えたのか』を色ペンなどで書いておきましょう。もしも、復習ノートでも間違えてしまった場合すぐにその下に解説を書き、この時も何故間違えたのかを書いておきます。

こうすることで、次同じ問題に出会ったときこのときああして間違えたと思いだしやすくなります。

 

他にも、間違えた問題でおすすめの解き方、類題にも適用できそうな解法がある場合(化学の場合私は反応式や実験操作方法、構造式などを中心に書いていました)それも一緒にメモすることで模試の解きなおし以上にいろいろな知識が書いてあるノートができます!!本島におすすめです。

 

復習ノートの良さは、

自分の弱点がすぐわかる!

センター本番当日、最後に見るノートとしてもおすすめです。作ってみて下さい!

ただし、復習に時間をあまりにもかけすぎるのはよくありません、一週間で全ての教科の復習を終え、復習ノートを作り終えましょう!

本番まで、あと少し。

時間を有効活用するためにも、まず目の前の状況把握のためにきちんと模試復習をして今後の勉強に活かしましょう!!