同日体験模試を受ける意味 | 東進ハイスクール 横浜校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2021年 1月 8日 同日体験模試を受ける意味


こんにちは!

今日は「一か八か」ということで勝負事の日だそうです。

最も近い勝負事と言えば…共通テストですね!

ついに1週間後まで迫ってきました。 ドキドキ?

受験生のみなさん、最後までやれることをやり切りましょう!

 

さて、この共通テストは受験生ではない人にとっても大切な日です。

そう!共通テスト同日体験受験がありますね!!

今回はこの同日体験受験模試を受ける意味をお伝えします(‘◇’)ゞ

 


1年前で受験の結果が決まる!?


過去のデータから本番の1年前である共通テスト同日体験受験で取る点数が

受験の結果にそのまま表れやすいことが分かっています。

ここで志望校に合格した過去の先輩たちが1年前に取っていた点数を超えることが出来れば、

合格のルートに乗ることができます(あくまで傾向ですが)

自分が目指す大学の場合1年前に取るべき点数はどれぐらいなのか

その点数を目標として同日体験受験に臨みましょう!

 


1年後に身につけるべきレベルが分かる


ただ、同日体験受験模試の点数が大事だと言っても

過去問を何年分も解いているわけではないので、

思い通りの点数を取ることは難しいと思います。

しかし1年後・2年後には共通テストの問題を

スラスラ解く力を身に着けておかなければなりません。

今の勉強を続けるだけで、本番で合格点を取る想像ができますか?

この模試を受けることで理想と自分のレベルのギャップをつかむことが出来ます。

 

 

「もう受験生だ」ということを自覚するいい機会にもなりますよ!

 

 

あと1週間ですが、「一か八か」という状態ではなく

確実に点数を取りに行く気持ちを持って同日体験受験してください!

 

明日は受験直前期当日の過ごし方について酒井先生が紹介してくれます!

明日のブログを見れば本番前も怖くなくなるはず!