この時期だからこそやってほしいこと | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2019年 11月 16日 この時期だからこそやってほしいこと

 

こんにちは!青山学院大学の角田直美です。
 

寒くなってきて肉まんが美味しい季節になりましたね。受験生の時、小腹を満たすためにいつもコンビニの肉まんを頬張っていたことを思い出します笑

 
さて、今の時期受験生は過去問演習の真っ最中で演習演習演習…と演習中心の日々を送っていると思います。
で!す!が!演習ばっかりに時間とやる気をとられて、基礎の確認を疎かにしていませんか??
この時期だからこそ、基礎を確認する時間を毎日最低30分でもいいのでとりましょう。
基礎といっても、特にわたしが受験生の時にやっていたことは、
英単語英文法です。
どちらも毎日ノルマをきめて、学校が終わって東進に来たら、まずはこの2つを必ずやっていました。
この2つが終わり次第、過去問演習や問題演習に進むようにしていました!
 
単語と文法をやるにあたって少しポイントがあります。
単語に関しては、高速基礎マスターを上手く使うということです!センター英単語1800と上級英単語1000の全範囲の修了判定テストを単語を聞きながらそして発音しながら、毎日受けていました。そうすることで、単語の発音がよりわかるようになり、リスニングにもその成果がでました。
 
文法をやる際にも高速基礎マスターの英文法の修了判定テストを受けるのはもちろん、それと同時に参考書も使って毎日決めた量をこなしました。問題を解く時に意識したのはスピードです。センター試験の大問2を解いているのと同じような速さで問題を解き、かつ正確に解いていくことが重要です。
 
以上のように、基礎の確認を毎日怠らずにした結果、センター本番では9割を超える点数をとることができました。基礎の徹底は、長文読解の際にも生かすことができることです!!
 
 
センターまであと2ヶ月です。
毎日の時間を無駄にしないように精一杯受験まで走り抜けていきましょう!!