GWは、基礎固めを。てか、基礎って? | 東進ハイスクール 横浜校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2021年 4月 29日 GWは、基礎固めを。てか、基礎って?

 

こんにちは!

横浜校担任助手 

日本医科大学医学科の

井上結賀です。

 

早速ですがこの時期、

「夏以降の発展的な演習に備えて

基礎固め1番だ~!」

とよく耳にすると思います。

もちろん、GWにはその基礎固めは

不可欠です。

 

でも、

その基礎固めって

どこまでが「基礎」なんや〜!

と思った事、ありませんか?

 

おそらく現役生の中には、

基礎=教科書だと勘違い

している人もいるはず。

 

または、自分は難関大

狙うんだから

より難しい問題!

と思っている人も…。

 

ところで基礎は1次試験問題

だと聞くとみんな納得しそうですが、

 

本当ですか?

共通テスト模試で

全問正解できない人は、

基礎が固まっていないのでしょうか

 

正しくは、

自分の習った範囲の1次試験の問題を

時間を掛けて解けること!

これを基礎と考えれば考えやすいと思います。

 

ここでくれぐれも、

「この時期から1次対策!?」

と声を荒げないで。

あくまで1次対策は、

問題別の対策や時間配分の作戦を

実践的に行う事であって、

基礎の確認」とはいます。

 

1次試験レベルで穴がないか

基礎確認の目安にし、

未完成の部分を探して潰していく。

 

これが今の時期「基礎固め」なのです。

難関大志望の人も、

共通テストの問題で分からないものが

あるはずです。

それをなくすのが

難関大合格への

必要条件だ。

 

そうして基礎固め

受講高マス

通じて上手くマネジメント出来れば、

夏以降の難しい問題との激闘にも

太刀打ち出来るはず。

 

今の時期、

粛々とやるべき事を積み重ねて、

合格へ歩を進めるか、

まだまだ時間はある勘違いして

可能性の芽してしまうのか、

ここで大きな差がつく気がしています。

 

東進生の諸君は、

恵まれたコンテンツを惜しみなく使い、

合格一歩近づくと信じています。

 

        受 験 生 の 健 闘 を 祈 る 。

                     横浜校担任助手 井上結賀

 

明日は岡田先生ですよ。お楽しみに。