あと2日! | 東進ハイスクール 横浜校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2021年 6月 11日 あと2日!

こんにちは!

早稲田大学文学部1

吉岡知夏です☺︎

 

定期テストが終わった生徒のみんな、お疲れ様!急に暑くなりましたね。は毎日コンビニアイスを買っています^^

 

さて、明後日はとうとう

全国統一高校生テスト

ですね!!!

 

私は毎回の模試で、ほんとに心臓出てくるんじゃないかってくらい緊張してました。でも、いつも本番を想定した緊張感で挑んでいたおかげで、当日は案外緊張しなくて、自分でも驚きました。

 

今日のブログは、そんな私が

模試直前どのように過ごしていたか

についてお話します。参考になると嬉しいです!

 

 

私が模試直前に重要視していたことは、

✔︎日本史の総確認

✔︎英語の時間配分

です。

 

日本史は、 

1、東進のテキストを使い通史1周して流れを確認

2、苦手な範囲を教科書で確認

3、資料集を使って文化史を一気に確認

していました。 

日本史・世界史の文化史は受験生に嫌われがちですが、必ず!共通テストで出ると思われます。

私大の入試でも頻出!!文化史だけの大問があったりします。

私は、文化史を一通りまとめたメモを作って、試験時間直前までそのメモを眺めてました。

(実は受験生時代に小山先生から見せていただいたものを参考にしました、、!)

詳しいことは校舎で!

 

 

 

共通テストの英語

速読がカギなので、

自分に合った解き方(それぞれの大問にどれくらいかけるのか、解く順番など)を、東進の共通テスト演習を使って予想問題を解きながら決めていました。

 

また、吉本先生もブログで言っていましたが、私も英語前の休み時間は、以前解いた共通テストの問題などを読んで脳を英語モードに切り替えてました!

 

 

 

 

受験生のみなさんは、本番まであとしか、

予行練習のチャンスがありません!

 

その4回で

模試1週間前・当日の過ごし方は勿論、

例えば、本番でハプニングが起こったらどうするか

 

(これは私の担任だった磯部先生に耳が裂けるほど言われていました。頭が真っ白になった時どうやって気を取り直すか、英文、古文が全く読めなかったらどうするか、、など!

起こりうるハプニングを想定して、自分ならどう対処するかを本番までに考えました) 

 

などなど、

考えなければならないことは沢山あります。

 

とにかく!

本番だと思って受験しましょう!!!

 

また、模試が終わったらすぐに自己採点&復習をして、振り返りシートに点数・反省点を書き、次の日からの勉強に活かしてください!!

 

みんなが日頃の勉強の成果を発揮できますように!!応援しています!

 

 

 

明日も引き続き全国統一高校生テストについて、

サッカー大好き安藤先生が教えてくれます。

 

お楽しみに!