毎日しんどい中頑張るみんなへ | 東進ハイスクール 横浜校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2021年 10月 6日 毎日しんどい中頑張るみんなへ

こんにちは!

東京外国語大学2年の岡田茉美子です😚

10月になり突然秋めいてきてだいぶ涼しくなってきましたね~!

コートを羽織る人も街で見かけるようになり、季節の移ろいを感じる日々です😶

 

突然ですが、              サンボマスターの「できっこないをやらなくちゃ」という曲はご存知ですか?

やはり自分じゃダメかなんて無駄な言葉だよ

心を少しでも不安にさせちゃダメさ、

明かりを灯そう

諦めないでどんな時も 

君ならできるんだどんなことも」

という歌詞があります。

この曲は私の高校受験の時から支えてくれたもので、大学受験で初めて死ぬ気で努力した時にこの曲の歌詞がすごく胸に染みてきた記憶があります。

受験生のこの頃と言うと学校がテストや行事で忙しい中で刻一刻と迫る入試に向けて毎日二次私大の過去問に向き合うも、考えれば考えるほど不安になってたまらなくしんどい、そんな時期でした。

痛いくらいその気持ちが分かるから、今日は少しでも励ますことが出来たらと思いこのブログを書いています。

 

だいぶ前置きが長くなってしまいましたが、今日みんなに伝えようと思っているのは  「成績の上げ方」です!

え!!!そんな画期的な方法が!?

って期待した方、ごめんなさい。

一朝一夕の努力で劇的に成績を上げて難関大学に合格することは難しいです。

でも知っておけば少しは良い効果があるのではないかと思うので共有しますね😉

あと1カ月後に控える全国統一高校生テストに焦点を当てて話していきますよ~

 

①当然ながら目標を定める!

せっかくの共通テスト模試、過去問を解いた成果が出せなくては勿体ない!

そしてこの模試が最後から2番目の模試!  残り回数も少ない!

総合点の目標だけでなく、        科目ごと、大問ごとに細かく目標を決めてくださいね!

 

②目標を達成するためにやることを決める!

ここがいっちばん大事。

1カ月を計画的に過ごせばやれることは実質無限大。

しかし、やみくもに過ごしているとあっという間に過ぎます。

科目ごと大問ごとに点数を決めたなら、だいたいやるべきことは浮かんでくるはず!

例えば、数学1A の大問2がいつも点数取れないなら、データの分析なのか三角関数なのか、焦点を当てて伸ばしていくべき単元が分かるはずなのでいつも使っている参考書の苦手分野のページを一週間で解ききる計画を立てる、という具合に。

または皆さんの多くは単元ジャンル別演習を取得していますよね!

そこで提示された単元を10月末までで解ききってしまう!というのも当然ながら効果的★

とにかくやるべきことを優先順位を立ててやりきる計画を立てましょう。

 

③死ぬほど努力をする。

計画を立てたならあとはやるのみ。

自分の今の努力量に妥協はありませんか?

ついつい友達話し過ぎちゃったり、

うっかり寝坊や居眠りをしてしまったり、

思ったより長く休憩を取りすぎたり、

無意識にできてしまう空白の時間をどれほど許していますか?

恐らく皆さんの目指すところは妥協で選んだところではないでしょう。

本気で手を伸ばして届くかどうかというところなはず。

人は意識しないと楽な方に流れます。

当然受験に向かうにつれて辛いことは重なっていきます。

厳しいようですが、原点に戻してくれる存在を身近に置いておくことは案外後の自分のためになります。

…とはいえ、息抜きはしないと死んでしまうので、

時々爆音で音楽を聴くとかお風呂で熱唱するとか自分なりの発散方法は見つけておくと◎

 

④自分に自信をもつ。

ここで問題。

8月の模試で同じ成績を取ったAさんとBさんがいたとします。

「まあ今日はこんなもんかな~」「そこそこ頑張ったでしょ」と生きたAさんと

「今日もやれる限りのことをした、昨日の自分より努力できた!」と生きたBさん。

毎日このように過ごしてきて迎えた2人は次の模試での自分に対する自信は同じでしょうか?

私はノーだと思います。

2か月もあれば驚くくらい成績は変わります。

当然のごとく、計画的に積み上げてきた学習は必ず自分の実力になります。

そして積み上げてきた実績は本番の精神的な支えにもなるのです。

1カ月後の自分がどんな自分だったら胸を張って模試会場にいけるのか?

どんな自分だったら第一志望合格にふさわしいだろう?

自分の心に聞いてみてください!

 

なんだー、当たり前なことじゃんか、

そうですこの当たり前の繰り返しがものすごいパワーになるのです!!

きっと当たり前だと思っていても意外と100%はやり切れてはいないことが多いはず。

だまされたと思って当たり前のことを必死になってやってごらん!

 

私は気合と根性と執着心で受験を乗り切ったタイプなので熱血具合に引いてしまう方もいるかと思いますが、

受験においてはある程度計画をきちんと考えて立てたら、そこから先は考えるより動け!

これに尽きると思います。

あれこれ悩んでも結果は変わらないし、不安になるほど自分に自信は無くし時間もどんどん過ぎていきます。

どうせ変わらないならやれるだけやって少しでも可能性を上げたいと思いませんか?

「努力は裏切らない」という言葉には賛否ありますが、

とりあえず死ぬほど努力をしてみないとわかりませんよ。

ちなみに私は賛成派です♪

 

みなさんはどうでしょうか?

1か月後の模試で皆さんの努力の結晶が結果として現れますように😌

とってもとっても応援しています!!🧡

 

明日はショートカットの美人さん、飯島先生が過去問の極意を伝授してくれるらしいです!!

読むしかないよ~~~~!!!🙋‍♀️🙋‍♀️