高1,2生も勝負の時期ですよ?? | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2019年 11月 9日 高1,2生も勝負の時期ですよ??

お久しぶりです! 横浜校担任助手1年の清水崇也です。

秋が終わり、冬が近づいてきました!もうすぐ2019年が終わりますね。自分は最近、センター試験が近づいて焦っている時期からもう1年が経つのかと感慨深い気持ちでいっぱいになっています。。。

さて、そんな話は置いておくとして、今回は高1、高2生に向けてお話をしたいと思います!

まず、高1、高2生は人生で一度きりしかない高校生活を楽しんでいますか!?

部活や委員会活動、趣味、遊び、習い事、恋愛?笑とかしてるんじゃないでしょうか。

でもでもでも、高校生ならどうしてもやらなきゃいけないことがありますよね!!!

 

そうです、お勉強です!!!(まぁ当然ですよね。。。)

もちろん華の高校生活を満喫することはとても重要だと思います。今になって高校生の時、もっと遊べばよかったなぁと大学生になって後悔しています。。。泣 なので、遊ぶことや楽しむことはとても大切なんです!

でも、それと同じくらいに勉強することも大切です。では、日々の生活の中で具体的に何をどのくらい勉強すればいいのかについてお話ししたいと思います!

①定期テストの対策

まずはこれですよね笑、当然です! どのくらいやるかについては、自分は英語については文法は少なくとも指定の範囲を1周して、長文の復習は文法要素を意識しながらパラグラフでまとめてみたり、音読したりしました(音読超オススメです!)理系科目は教科書傍用問題集を少なくとも2回試験範囲のところを回しました。理系科目はとにかく問題を解きましょう!手を動かしましょう!見るだけはNGです。文系科目はノートや教科書の内容を覚えては隠して言えるかどうかというのを確認していました。単語を覚えたあとで、流れを理解するといった学習もしていました!

②模試の復習

模試をちゃんと復習していますか? ていうか、そもそも模試を受けていますか? 模試受験は高1、高2だからまだ早いとか思っていますか?そんなことありません!今まで受けていない人はこれから積極的に受けていきましょう!

そして、模試の復習です。模試の復習で大切なことは自分は二つあると思っています。「この問題で学べたこと」と「次間違えないために注意しなきゃいけないこと、理解しなきゃいけないこと」のふたつです。この二つに注意しながら、模試の復習を行ってほしいと思います!

③英語に触れまくる

高1、高2生の間は英語にいっぱい触れましょう! 実は、高1高2でどれだけ英語に触れてきたかで合否が決まる可能性が意外と高いのです! (かくいう自分は英語嫌すぎて、英語の勉強をさぼってしまったら、最後の最後で足を引っ張る科目となってしまいました。。。) なので、今のうちから英語を鍛え上げましょう! 特にリスニングですね、リスニングは共通テストにおいて英語の点数の半分を占める割合を持っています。なので、今からしっかり耳を英語に慣らしていきましょう!

以上で、僕のお話は終わりです。

高1高2生の方は次の学年に備えて、今からしっかりステップアップする準備をしてください。