頑張っている受験生の共通点 | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2019年 8月 17日 頑張っている受験生の共通点

こんにちは!

早稲田大学文化構想学部2年の磯部です。

 

甲子園では白熱した試合がくり広げられてますね!

頂点を獲るために何年も地道な努力を重ねる、この点では高校野球も受験勉強も同じような気がします。

 

さて、今日は東進ハイスクール横浜校で頑張ってる受験生の特徴について話したいと思います。

 

頑張ってる受験生の共通点、1つ目は第1志望校への熱い思いを持っていることです。

やる気がどうしても続かない、、、集中力が持たない、、、多くの受験生が抱えている悩みだと思いますが、志望校への思いを確固たるものにすることで、惰性に打ち勝つ精神力を手に入れることができます。

2つ目は学習計画をしっかりと立てることです。

夏休みは膨大な時間がある分、それを何の教科にどのような分配で時間を使うのかが非常に重要になります。

だだやみくもに勉強した場合と計画を立て着実に勉強した場合では夏休みが終わった後、大きな差が出ます。

また受講は当然ですが、参考書や問題演習のツールいつまでにやるのか、1日どのくらいやるのかなど明確にして学習す良いでしょう。

賢く頑張っている生徒は自発的に学習予定を担任助手に相談する子が多いように思います。

受験を経験した助手をうまく活用することも大切ですね。

3つ目は最後まで諦めないことです。

8月に入り、本格的に二次私大過去演習を開始した生徒が多くなってきました。

そこで考えていたより点数が取れなかったと自分の力不足に絶望し、やる気をなくしてしまう子もいると思います。

ですが、今過去問で点数が取れないのは当然です。

今必要なことは過去問を解き弱点を洗い出し、1点を多くとるためにはどうしたらいいか、対策を考えることです。

過去問の復習は点数をつけることではなく、問題を分析することを主眼においてやりましょう。

メンタルを強く持ち、自らの弱点を見つめ、対策に徹することが第1志望校合格の近道です!

点数が取れなくても諦めることなく最後までやり切りましょう!

 

以上が校舎で生徒を見ていて思ったことです。1人でも多くの生徒が合格を手にし、充実したキャンパスライフが遅れるよう、担任助手一同、全力でサポートします!

 

 

最新記事一覧

過去の記事