見なきゃ損!! | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2019年 11月 20日 見なきゃ損!!

 

こんにちは!日本大学理工学部1年の廣田大輝です。

今日は受験生に向けて勉強の方法をお教えします!!

今みなさんはどのような勉強をしていますか?

おそらく第1志望の過去問や併願校の過去問などの応用問題の演習が多いと思います。

しかし、この時基礎基本をおろそかにしていませんか?

あまりやっていなかったり全くやっていなかったりする人もいると思われます。

そういう人達は少し危ないです!!

なぜなら応用問題を解くのにも基礎基本がなければ解けないからです。

なので、自分は基礎基本のよい確認方法を教えます!

 

まず、なぜ基礎基本の確認をやらないのでしょうか?

それは時間がないからやり方が分からないからという理由があります。

これらの両方を解決する方法をこれから教えます。

その中でも

英語、古文、漢文、社会

の4科目の方法を教えます。

 

1つ目に英語です。

英語でやるべき基礎基本の確認は単語と熟語です。

この2つの確認方法としてオススメなのは高マスもしくは単語帳や熟語帳を使って移動時間などの空いている時間にやる方法です!

確認するときは高マスもしくは単語帳や熟語帳どちらにしても1単語にかける時間を減らし多くの単語に触れるようにすることが大事です。

この理由は本番では単語の意味が瞬時に出てこなければそれだけ長文を読む時間も選択肢を選ぶ時間も増え解ききれないということを無くすためと単語は毎日触れるようにすることで長期的記憶にするためです。方法としては見てすぐに意味が出てこない場合は時間をかけて考えずに意味を確認するというふうにしましょう!

 

2つ目に古文です。

古文でやるべきものは文法、単語がありますが古文の文章や問題は現代文ほど難しくないため内容が分かれば解けることが多いのでまず内容を理解するには読めなければならない、読むためには単語が分からなければいけません。なので、古文単語をまずはやるべきです!方法としては英語と同じく高マスもしくは単語帳で短時間に多くの量を寝る前にやることで記憶を定着させやすくする方法です。

 

3つ目に漢文です。

漢文でやるべきものは句法と単語だと思います。この2つをやるのにオススメの参考書があり、その参考書を勉強の最後の15分間で参考書の最後にある句法と単語をやることでセンターの漢文を8割安定させることができました。

そのオススメの参考書はスゴ技漢文という写真で載せているものです!!

最後に社会科目ですが、自分は理系であったので文系には参考にならないかもしれませんが方法としては一問一答の参考書を寝る前や塾が開く前の待ち時間などにやっていました。これも同じく短時間で多くの量をやるために分からなければすぐに確認という方法をしていました。

紹介した4つの方法を試すことで時間をあまりかけずに簡単に確認することができるので実際に試してみてください!!