私の目指すところ、志とは。 | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2020年 3月 7日 私の目指すところ、志とは。

こんにちは!

横浜校担任助手、松本奈那香です。

今回は、私のの話についてです。

今回もまた長くなりますよ。最後まで!お付き合いください。

 

 

…ってか、志って何だ??

と、思った貴方のために、軽くご説明しよう。

あなたの将来の夢は?と言われれば、

真っ先に職業名を言わなきゃと思いますよね。

でも、今、高校生や中学生に、なりたい職業があるなんてなかなかすごいことですよ。

大抵の場合、そんなのないです。

だって、

どんな職業がこの世にあるか、まだほんのすこししか知らないし。

自分に何ができるか分からないし。

なんの才能があるかなんてわかんないしさ。

そもそも私、俺のやりたいことって?

そんなのまだ分かんないよ。

 

でもね。

っていうのは、そういうものじゃないんです。

自分の人生で、

一生かかってもゴールしない、

成し遂げられないかも知れない夢です。

目標とは違います。

それが成し遂げられたかなんて人生終わった後にもきっと分からないだろうけど、

私は夢中でその志を追いかけて、それに一生をかけたい。

そういうものを志と言うようです。

 

誰にも聞かれていないけど言います。

私の志は、

誰かが前に進むための原動力をつくること

です。

この志を持ったのは、高校二年生の春でした。

言語化したのはつい一年前です。

それまでずーっと曖昧な感じで、漠然とした夢でした。

因みに今もまだまだ漠然としています。こーんな感じを目指したいんだけど、んー、なんて言えばいいのかなぁ…って言ってました(笑)

志とは、

そんな感じで漠然としたものでいいのだと思います。

自分が一生かかっても追い続けたい挑戦です。

自分の将来なりたい方向が見えていれば、

(それがたとえ言葉として形になっていなくても)

それがきっとあなたの志です。

 

私はこの東進で、

志について考えるきっかけを与えてもらいました。

東進での生徒時代では、

グループミーティングなどでもヒントを貰いました。

人生が今まで考えていたよりももっとずっと濃く輝く予感がして、とても感謝しています。

そうやって、日々、志へのヒントを吸収しつつ、

自分を、志を、更新させ、方向性を模索しています。 

 

自分と向き合うのって、とっても難しいです。

 

でも、高校二年の時、自分の好きなことや嫌いなこと、自分の性格、無意識にしてたこと、etc…

ぶぁーーーーーっと紙に書き上げました。

自分の特徴を、

どうでもいいこと、自明のこと、

あらゆることを書き出してみました。

 

あ、小学生の頃ずっと広告集めてたなぁ

綺麗な紙とか、

言葉とか集めてたなぁ、

あれ、私そういうの今でも好きだな、

とかとか。

 

↓実際の紙は見つからなかったので、再現してみました。参考になればいいのですが(笑)

で、自分、何がしたいのか。

結局なんだよおぉーーー????

ってなりましたけど、この書き出しを行うことで、わたしは自分の方向性が見えて来ました。

 

志を持てば、自分の目指すことのために志望大学や学部をスパッと決められました。

モチベーションが下がりきってしまう時、

それをなんとか上げてくれたものの一つも志を持っていたことがあると思います。

 

志というものの存在を、私の中で大きくしてくれたのは、間違いなくこの東進横浜校です。

私からしたら同僚ですが、担任助手の人たちはみんなそれぞれすごい人たちで、感化されまくります。

そうした環境は、他にはない気がするくらい、すごいいい環境にいさせてもらっている、そう感じます。

だから、生徒の皆さんにも、この素晴らしい環境を体験してみてほしいです。

横浜校の担任助手の先生方からもそうですし、生徒のみんなもお互い刺激し合い、感化され合う環境があります。

私たち担任助手は、

そんな、人生を考える、志についての指導をしています。

大真面目に、

一緒に志探したい方、募集中!

志探すの大好きな松本がお節介しますぜ!笑

 

 

 

Next Editor▶︎松田直也先生!!