直前期の今!すべきこと | 東進ハイスクール 横浜校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 1月 24日 直前期の今!すべきこと

 

 

お久しぶりです

早稲田大学文学部1年の吉岡知夏です!

 

受験生の皆さん、今日もお疲れさま!

共通テストも終わり、毎日があっという間に感じているのではないでしょうか、、?

2月に入れば私大の入試ラッシュ、そして二次試験が控えています。

 

そこで今日は、入試直前期どのように過ごすべきかについて、私の意見を書こうかなと思います。

 

 

1、直前期だからこそ、基礎の徹底

直前期になると、ついつい過去問に焦点を当ててしまい基礎の勉強が疎かになりがちです。。それに無駄に量をこなしても時間を浪費してしまうだけです。

英単語、古文単語、日本史の一問一答など、夏休み頃は毎日こなしていた基礎のルーティーンを軽視している人、いませんか、、??

 

入試直前期だから!!といって今までとやるべきことは変わりません。必要最低限の時間は確保して、基礎事項の確認・知識のインプットは変わらず毎日続けましょう!

特に地歴科目を使って受験する方、

先月行われた地歴千題テストのテキストはぜひ活用しましょう!!!全体の流れだけでなく、高レベルな知識のインプット、そして漢字の確認もできる最高の1冊です?

ボロボロになるまで使ってくださいね!!

 

2、本番を想定した演習、復習

第一志望校の過去問は2周目に入っている人がほとんどだと思います。

過去問演習を作業的にこなすのではなく、本番どうやって解くか、ここで詰まったらどう対処するかなどのイメージをしながら解きましょう。

 

3、生活習慣を整える

受験シーズンは想像以上に体力が奪われます。タイトなスケジュールで挑む人も多いのではないでしょうか、?

出来ているとは思いますが、早寝早起き・バランスのいい食事を心がけて、免疫力を高めましょう!!!

 

4、ポジティブに過ごす!!!!

やはり直前期となると色々不安も出てくると思います。私は共通テストの結果があまり良くなかったので、私大の入試の本番もやらかしたらどうしよう、、と余計なことを考えてしまうこともありました。

でも!本当に時間の無駄です⚠。そんなこと考えていても受験は近づくだけだし、何も変わりません!私は、あと数か月勉強すれば大学生活が待ってる、、?と、自分の合格した姿を妄想してポジティブに過ごしていました。

皆さんも気分が落ち込むようなことは考えず、むしろ不安を打ち消すぐらい勉強すれば必ず自信に繋がります。あともうひと踏ん張り、一緒に頑張りましょう!

 

以上です。体調管理には気を付けて、残された受験生活一日一日を大切に、悔いの無いように過ごしていきましょうね!

校舎から応援してます✊?

 

 

明日のブログは守山先生です?