淡々とこなす=最強 | 東進ハイスクール 横浜校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2021年 9月 20日 淡々とこなす=最強

 

みなさんこんにちは!

明治大学情報コミュニケーション学部2年の吉田千尋です!

 

皆さん夏が終わっていかがお過ごしでしょうか…?段々と涼しい日が増えてきましたね。今回は本題に入る前に最近読んでびびっ✨ときた本を紹介したいと思います!

dress after dress(ドレス・アフター・ドレス) クローゼットから始まる冒険 | 中村 和恵 |本 | 通販 | Amazon

その本とは『dress after dress クローゼットから始まる冒険』(中村和恵著)です!実は中村先生は明治大学の教授をされている方です。芸術の授業を担当されています。

世界中のファッションをメインとしながらも異文化、歴史、文学など横断的な視点をもとに私たちの世界、社会の在り方や生き方について見ていく本です。ファッションの最終地点として、私たち人間の身体についても考えていきます。

 

一体どうして私たちは痩せることにこんなに一生懸命なんでしょうね。

とても面白い本なのでおススメです!!

 

さて、本題に入ります。今回のテーマは「夏休み以降いかにモチベーションを維持していくか」です。受験の天王山と言われる夏休みが終わり、「モチベーションが下がった…やる気でん…」という人もいるのではないでしょうか。

実は最近私も英語の勉強をしているのですが、まさにこの状態です。受験本番が来るのは分かっている、分かっているんだけど……やる気が出ない。やる気が出ない自分に焦る。

 

そこで、このブログを書くにあたって「そもそもモチベーションとは何か」ということについて考えてみました。(9/13公開の阿部先生のブログもチェック!!)

 

実はモチベーションというものはないのかもしれないのではないでしょうか。

私たちは毎日ご飯を食べたり、お風呂に入ったり、歯を磨きます。それはこれらが習慣であり、一日の言わばノルマだからです。そこにモチベーションは関係ありません。

勉強もこれと似てはいないでしょうか?やる気があるないにかかわらず、与えられたノルマを淡々とこなすことができれば「やるべきことをやっている」と言うことが出来ます。

 

「一日最低限これだけはやるぞリスト」を自分で設定し、ルーティン化することがカギになりそうです。

 

ただし、これはあくまで机に向かってからのこと。そもそもやる気がなければ机に向かうこともできません。

そこで!!とにかくまずは東進に来ましょう!!!

東進に来れば勉強しているライバルがいます!担任助手がいます!勉強道具だけ持って来ればいいんです

 

今回のブログが少しでも響いてくれれば幸いです。私も頑張ります!

明日のブログは一橋大学社会学部の中島先生です。過去問の復習方法について教えてくれるかもしれません!!