模試を活用しよう! | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2019年 11月 2日 模試を活用しよう!

 

こんにちは!

サークルのハロウィンパーティ東進ハイスクールの担任助手に仮装した早稲田大学文化構想学部の磯部です。

ハロウィンは終わっていしまいましたが、今日と明日にビッグイベントがありますよね⁉

そう、早稲田祭です‼

僕は2日間ともキャンパス内のどこかにいるので見かけたら話しかけてくださいね!

さて、今日のテーマは模試の復習法です。

僕は本題に入る前に1つ言いたいことがあります。

それは

模試の復習の時間を最小限にするような勉強を模試前にしよーよ!

ということです。

そもそもセンターレベルの模試であれば出題されるのは高校2年生までに習う基礎的な分野です。

受験生の場合、この時期に、模試でこの分野が弱点だと気づきました、、、では遅いです!

模試で最大限の力を出せるよう、模試の前は過去問に十分に触れましょう。

模試で満点をとれば、復習はほんの少しで完了し、普段の学習に戻れます。

 

さて、本題に戻ります。

模試の復習法、と大々的に言っていますが、個人的には過去問の復習と同様だと思います。

まず、不正解だった問題はなぜ間違えたのか、なんとなくで選んだ答えについてはどこの分野の知識が足りなかったのかを分析します。

その次に大事になってくるのは

正解した問題も、なぜその選択肢を選んだのか根拠を明確にすることです。

これは英語の長文問題や国語の復習で使えます。

本文中に根拠を求める思考はその後の問題演習や本番でも活用できます!

復習では出来なかったところの確認だけでなく、今後の得点力の強化も出来るようにしておきましょう。

地歴の復習法については前回小倉先生が熱く語ってくれたのであまり触れませんが、僕は解きながら「ん?理解がいい加減だな」と思った箇所に印をつけてその分野全体を教科書や資料集を使いながら確認しました。

受験生は12月8日地歴千題テストがあるので、模試の復習が終わったら11月中に受験に必要な知識を完璧にするよう心がけるといいと思います。

目指せ900点越え‼