模試までたった2日だがすべきこと!! | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2019年 10月 25日 模試までたった2日だがすべきこと!!

こんにちは!

日本大学理工学部1年の廣田大輝です!

今日は1025日です。

ということは全国統一高校生テストの2日前ですね!!

みなさん!模試の前はできるだけいい判定を取るために点数を上げようと勉強をすると思います。

ですが、その勉強の効率や質はいいものでしょうか?

とりあえず、たくさんの問題を解いたり前回の模試前と同じ勉強をしたりしていると思います。これはあまりに効率も質も悪いです!!

そこでどのようにすれば効率も質も良い勉強ができるかを教えたいと思います!

まずは、自分の実力がどのくらいついているのかを知る必要があります。

なぜなら、前回のセンター模試から約2ヶ月が経っているということはその期間勉強をしていれば実力は上がっているからです!そのため前回の模試の結果は全部無駄とは言いませんがあまり役にはたちません。なので、実力を知る必要があるのです!

では、実力を知るにはどうすれば良いのかそれは今まで解いた模試やセンター過去問を解くことです。これは数が多ければ多いほど情報となります。解くことで前回の結果では解けなかった問題が解けていたり、逆に解けてたものを間違えていたりすると思います。このことから解けなかった問題が解けたのは新しい知識を2ヶ月の間に身につけたからです。逆に解けていたのに解けなかった問題はなぜ間違えたのかをしっかり追求する必要があります。これには理由があり人はできている問題はやらなくてもできるだろうと思ってしまいがちですが、できる問題だとしても長い期間やらずにいると記憶からなくなりできなくなってしまうのです。なので問題の間違えた根拠となるなぜが大事なのです。

これをすれば残りは前回も今回も解けなかった問題を勉強すればいいのです。ここまで絞ると勉強すべき分野が明らかになるはずです。なので、その分野の勉強をすれば今まで全体的に勉強をしていた時とは違い効率が良くなるはずです。この時、その分野だけ勉強するのではなく少ない量をまんべんなくやり出来ていない分野の勉強を他より多くするという勉強をすべきです。

次に質を上げるには前回解けなかったが今回は解けたという問題に注目しましょう!

すると、この2ヶ月間でどのように知識をつけできるようになったのかを考える必要があります。なぜなら、その2ヶ月の間に色々な勉強をしてきたと思うのでその中でもどの勉強が知識をつけやすいのかを判断して行えば質は格段に上がります。

このように質と効率を上げる方法については教えましたのであとは実行するのみです。

後悔をしないように全力で勉強をして点数を取り良い判定をもらいましょう!!