模試の復習って必要?? | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2020年 4月 24日 模試の復習って必要??

みなさんこんにちは!高橋志有人です!

さて、コロナウイルスの影響で自宅謹慎を余儀なくされている中、

みなさんはどのような生活を過ごしているでしょうか?

 

以前のブログにも記した通り、良くも悪くも

差はみるみるうちについていきますから気をつけてくださいね!

 

さて今日は模試の復習についてお話ししたいと思いますが、その前に。

模試の後、帳票はどこまで見れてますか?

合格判定だけみてませんか?

 

「帳票はしっかりみろ!」

「ちゃんと残しとけ!」

 

っていままで散々いろいろな人に言われてきたと思います。

それに対して皆さんは

 

「時間がもったいない」

「その時間に勉強した方がいい」

 

って心の中で反論してきてませんか?

 

僕もそう思っていたひとりです。

しかし、我々がそう言うのにはちゃんと訳があるんです。

 

簡潔にいうと

「そっちの方が効率がいい」からです。

帳票を見て、分析し、優先順位を立てる。

そうして勉強した方が合理的で無駄がないとされています。

 

先輩たち、先生、ご両親がそう言うのは

それを自分が過去に経験し、その良さを体感したか

逆に悔しい思いをしているからです。

 

模試は多くの意味を持ちます。それに、

せっかく受けたのですから、それこそうまく使わないと

「時間がもったいない」と思いませんか?

 

それは帳票の分析に限らず、復習にも当てはまります。

模試の復習は自分が分からなかったところ、つまり苦手なところを

徹底的につぶすチャンスなのです。

極端な話ですが、正答率50%の問題集を解くのと

正答率0%の模試の問題を復習するのって

どっちがうまく時間を使ってますか?

 

さらに、その模試の問題は問題集に乗っているとは限りません。

もしかしたら、その問題が入試に出るかもしれませよ?

そう考えると怖いですよね。

 

模試が終わったらなるべくその日のうちに復習をしてください。

そのための問題用紙へのチェックもお忘れなく!