模試の帳票の有効活用!!! | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2018年 10月 22日 模試の帳票の有効活用!!!

 

こんにちは!法政大学法学部の金子直樹です~!

 

 

今日は10月28日に行われる全国統一高校生テストについて話したいと思います!

 

 

 

そもそも、皆さんは模試の帳票ってどのようなものとしてとらえていますか???

 

東進模試をはじめ、模試の帳票には、自分の現在の成績や自分の弱点、自分の志望校との距離など様々な情報が記載されています。

 

だがしかし、模試を受けた後、返却される帳票をしっかりと活用していますか?

 

おそらく、多くの人は自分の偏差値や合格判定をみておしまいになってしまっていると思います、、、

 

でも、よくよく考えてみたらそれってとってももったいないと思いませんか?

 

通常、模試を受験する場合は受験料を払いわざわざ時間をかけて受験すると思います。しかしただ本番の問題と同じレベルの問題を解くだけでしたら、自宅などでもできますよね?

 

そう、模試とは受験することよりも、受け終わった後にしっかりと現状を分析して、志望校との距離を縮めるための戦略を立てる為に受験するのです!そして、それを行うために最も有効な資料が帳票なのです!!!そんな、自分にとって情報の宝庫である帳票をだだ見ておしまいにするのは、本当にもったいない事なのです。。。

 

そこで、全国統一高校生テストでは、模試を受験した後に帳票返却面談というものを行っています!!!

 

この面談は、自分が受験した模試の帳票を活用しながら、自分が第一志望の学校に合格するまでの学習の優先順位など考えていくために行われます!全国統一テストをはじめ、東進の模試は、ただ成績が記載されているだけではなく、自分が今現在行わなくてはならない弱点の科目やジャンルが正確に記載されているので、自分の学習優先順位を決めるのにはもってこいなのです!

 

もちろん、面談は実際に受験を経験した担任助手が丁寧に行っていきますので、模試を十分に有効活用することが出来るのです!

 

そして、この全国統一高校生テストは、帳票返却面談まで含めて無料!!!これはもう受験するしかないですよね!!?

 

全国統一高校生テストの申込期限は10月25日まで!!!まだ申し込んでいない人もまだ間に合います!!!興味のある方はぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか?