春休み、いや?夏休み? | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2020年 3月 19日 春休み、いや?夏休み?

こんにちは!

青山学院大学2年のつのだです!

みなさん、いかがお過ごしですか?

3月から、コロナウイルスの影響で休校になった方も多いと思います。

かれこれ、1ヶ月以上の春休みになっているのではないでしょうか?

実質、夏休みと同じ長さですよね。

ここで皆さんに問ふ。

”この休み期間、しっかり勉強の時間は取れていますか?!”

コロナウイルスを言い訳にして、ただ家に引きこもってぼーっとゲームしてたり、スマホをいじっている時間はありませんか?

休校をいいことにして、ずっと友達と遊んだりしてませんか?

普段なら、学校に行って勉強している時間が、フリーな時間になりますよね。

でも、その自由な時間があるのに、勉強しないのはもったいない!

学校がない分、

今までの自分の追いついていない部分や

得意にしている分野を見直せる時間が十分に取れると思います。

学校の課題が出ている人は、さっさと終わらせて自分の苦手を減らす時間に当てましょう。

校舎に来て、講座の受講高速基礎マスター毎日やっている人は継続しましょう!

この休みこそ、複数受講と高速基礎マスターを完璧にできる時です。

新受験生のみなさん

夏休みは受験の天王山だと言われていますが、その夏休みと同じくらいの長さの休みがあるということは、

この春休みに夏休みと同じ勉強の時間を取れるということ!

わたしは、この3月の休みのがんばりが

受験の勝敗を分けると思っています。

厳しいことを言うと、

の休みに必死に頑張れない人はこの後も頑張れない。

受験に対して本気になるタイミングは、

人それぞれ違うかもしれませんが、

早いに越したことはないんです!

学校がない今の期間、自分の力を存分に伸ばす努力をしましょう。

この春休みに、夏休みのように毎日15時間勉強した人と、そうではない人

勉強量の差は歴然です。

春休みは、自分がどれだけ勉強できるのかキャパシティを知る、

そして自分の効率や勉強に対する姿勢を知る。

また、時間があるのでしっかり基礎を固めましょう。

毎日、英単語英熟語英文法、そして各教科の基本(古文だったら古文単語など)に触れる!

過去問演習に入る前に、基礎は完璧だ!と胸を張って言えるように

今のうちに準備することが大切です。

2019年度受験が終わった今、私も今までのことを振り返りますが、

やはり皆さんが受験を終えるときに、

後悔してほしくありません

3月から休校になったものの、まだ勉強に本腰を入れられていなかったとしたら、

残りの15日間くらいは真剣に勉強に取り組んでください。

夏休みだと思って、自分を追い込んでみる。

そのくらいの気合いに満ち溢れている人が、来年の今頃は笑顔で合格を勝ち取っているのだと思います。

ここからが勝負!ファイト!