新高3生へ!同日体験に本気になっているか!? | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2019年 1月 9日 新高3生へ!同日体験に本気になっているか!?

こんにちは!明治大学文学部の湯浅です。

あけましておめでとうございます!!!!

(もう遅いですかね、、笑)

自分は4年なのであと3か月しかスタッフとして横浜校に居られませんが、

残りの期間でできることを全力で頑張っていきますので、今年もよろしくお願い致します!

 

今日はセンター試験同日体験受験に関してです!

この試験、受験生以外の生徒も絶対に取らないといけない点数があります!

(国立理系、私立理系、国立文系もありますが多くなるので割愛します。校舎に聞きに来てね!)

自分はいつもこの点数を目標にしようと生徒に話しています。

これは「受かった先輩の平均点」なので、超単純に考えれば、この点数をとれていれば合格率は50%ということですね。

遅れている生徒も、できるだけ早くこの点数に追いつけるように頑張るというのはもちろんですが、、、

体験受験までに追いつけるかはかなり合格率に直結してくるんです!

その理由は、以下のデータをご覧ください!

このデータは、各レベルの大学に受かった子達の平均点の推移です

見ると、2月から点数の伸びが大きく上がっているのが分かりますね!

これがあらわしているのは、

「入試1年前を切った1,2月から本気で受験勉強をする人が増え、みんな点数が上がる」ということ!!

では、みんながたくさん点数が上がっている時期に自分の必要な点数が足りていなければ、、

「同じ期間で、周りより大きく点数を伸ばさないといけない」ということです!

 

正直これは、相当努力してもできるかはわからないようなことです。

この状態、つまり手遅れになってしまう前に、まず同日体験受験までの残りの期間、本気で努力して、少しでも同日体験受験の点数を上げましょう!

そして、受けた後は私たち校舎のスタッフと面談で今後の戦略を立てましょう。

他校舎、学校申込などで受ける方も面談は出来ます!

同日体験受験まで、まずは本気で頑張りましょう!!!!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。