定期テストも全力で頑張りませんか? | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2019年 5月 8日 定期テストも全力で頑張りませんか?

 

こんにちは!早稲田大学文化構想学部2年の磯部太一です。

最近キャンパスで元担当生徒に会う事が多く、話してみるとみんな受験期に憧れ続けてきた早稲田の地で日々勉学に励みつつ、将来の夢に向かって頑張っているようで、改めて担任助手をやっていて良かったなと感じました。


(今年の早稲田大学の入学試験会場の様子です。卒業生のみんなには大学でも受験期の高い意欲を維持したまま頑張ってほしいものです。)

そんな卒業生の今後の活躍に期待しつつ、今日は少し立ち戻って高校時代の話をしたいと思います。

 

突然ですが、みなさん

受験勉強を言い訳にして定期テストの勉強を疎かにしていませんか?

 

僕も高校1年生の時はろくに受験を意識していなかったのにも関わらず、自らを正当化するためによく「定期テストと受験勉強は別だから!」と親に言い放っていました。

しかし、時の流れとともにあることに気づきました。

「模試でいい点数をとる人は学校の定期テストの勉強も頑張っている」ということです。

僕のクラスでは定期テストでずっと1位だった人が模試でもずっと1位でした。(彼は結局東京大学に進学しました。笑)

今考えれば至極当然なことですが、当時の僕はそんな友達がいる中で、受験勉強を言い訳に定期テストから逃げている自分を強く恥じました。

そこから僕は受験勉強と定期テストの勉強を両立させるに全力を注ぐようになりました。

最初は全く実現せず、どちらも中途半端になってしまうなど失敗ばかりでしたが、その中で

「優先順位をつけて勉強する」

「限られた時間を効率的に使うために暗記方法を工夫する」

など、後の直前期の受験勉強に活きる経験をすることが出来ました。

また数学など苦手意識があった科目も誰にも負けない努力とちょっとした工夫さえすれば点数を伸ばすことが出来るという自信を持てるようになり、精神的な成長にもつながりました。

 

高校生のみなさん、

人生で1度の高校生活、どうせなら受験勉強も定期テストも全力で頑張ってみませんか?

確かに容易なことでは決してありませんが、必ずやりきるという一定の根気さえあれば全く不可能ではないどころか、受験期に役立つ様々な経験をすることが出来ます!

 

東進ではそんな二刀流を目指す努力家のために定期テスト特別招待講習を実施しています!

学校の勉強も受験勉強も頑張りたい高校生の方はぜひ1度体験してみてください!