大学生にしかできないことをしたい | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2020年 9月 27日 大学生にしかできないことをしたい


 

こんにちは!

慶應義塾大学看護医療学部2年の伊藤千紘です!

 

あんなに暑かったのに、急に肌寒くなりましたね。もう秋なんですかね???秋と言えば沢山の「〇〇の秋」なんて言葉がありますが、皆さんにとって秋と言えば何でしょうか。私は「食欲の秋」ですね!!!この秋は家で美味しいものをたーくさん食べたいと思います🍠

 

さて!今日のブログのテーマは「大学生活について」です!

すでに多くの担任助手の方々が大学生活についてブログに綴ってくれています!ぜひぜひまだ読んでいない人は見てみてくださいね!

 

私は看護医療学部に通っています。なので大学のカリキュラムのなかに実習があるんです。1年生から4年生まで沢山の実習があり、実習は大学生活の大きな部分を占めています!!!

2週間ほど前までも実習に行ってきました!今回の実習では、入院病棟で初めて患者さんを受け持たせていただいて毎日その患者さんにあった看護を実施していきました。途中、自分が計画していること・実施していることが患者さんのためになっているのか、自分は看護師向いてないのではないか、そもそも看護って何なんだろう、と迷ったり不安になったり思わず泣いてしまったり…自分の頭のなかがごちゃごちゃになって辛いなと思ったこともありました。でも、病院の看護師さんや大学の先生、そして共に実習をした仲間たちに支えられながら、自分の看護の原点に戻ることができたり、看護の本質を考えることができたりと、とーーても深い学びがあった実習でした!

2年生の実習はまだまだあるのでこれからも頑張っていきたいと思います✨

私の学部では、授業の講義で人間の身体の構造や機能、ライフステージ別の身体の状況、病気について、看護技術、倫理など沢山の知識を得て、それを4年間の実習に活かしていきます。覚えることが沢山で大変なことも多々あります。忙しいときも沢山あります。

ですが、たった4年間の大学生活…

私は大学での4年間しかできないことを沢山やりたい!

今まで行ってきたことを例に挙げると

横浜校で担任助手をしたり、

サークル活動をしたり、

様々なボランティアに赴いたり、

病院の小児病棟で活動をしたり、

小学校で子どもたちのお手伝いをしたり、

自分の地域貢献活動をしたり、

 

将来社会人になって「ああ、あのときやっておけばよかった」と後悔しないように、これからも自分がやりたいと思ったことはとことん大学生活のなかでやっていきながら、看護師という将来の夢に向かって勉強も頑張っていきたいです★

 

共通テストまではあと110日。今月は全国統一高校生テストがあります!「もっと勉強しておけばよかった」と後になって後悔をしないよう、勉強頑張っていきましょう!

 

明日は、大西先生が「定期テストと受講の両立の方法」を伝授してくれます!!!明日もお見逃しなく~!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事