大学の立場 | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2019年 5月 11日 大学の立場

 

こんにちは!

慶應義塾経済学部2年の高橋志有人です!!

慶應といえば福沢諭吉先生ですね。

そして福沢先生といえば2024年

一万円札から退かれますね。。。

 

そのことによって「慶應の時代は終わりだ!」

などと言われるわけですが

そんなことはありません!

実は慶應義塾大学の医学部を創設されたのは新千円札の

北里先生なんです!!

まだ慶應の意思は続いているわけですね(*^^)v

 

 

さて、いま僕は大学の生徒の立場から話していたわけですが

みなさんは

大学側から受験生を見ようとしたこと

がありますか?

つまり、もしみなさんがその大学を受験した生徒の合否を

最終的に決める立場であったとしたら

その合否をどう決めるか、ということです。

 

 

部活生のみなさん!

受験と部活は全くの別物です!

大学からしたら頭の良い人が欲しいわけです。

部活はもちろん素晴らしいものであるとは思いますが

勉強が遅れたことの言い訳には決してできません

たとえ周りの人があなたに同情しようが

大学はその事実を一切考慮しません。

 

非情だと思うかもしれませんが仮にあなたが大学側なら

高校で勉強だけを一生懸命がんばってきたA君と

部活をやっていたがA君より10点低いB君

どちらをとりますか?

 

ぼくは元々フェンシング部だったのですが

このままでは受験が成功しないことを悟り

ちょうどこの時期に引退しました。

 

ですが貪欲に生きることも素晴らしいです!

志望校には受かりたいが部活もやりたい?

いいじゃないですか!!

行動を起こし、両立させればその夢は叶います。

不可能なわけがありません。

まずは動きましょう!理想の実現のために。

そのあとはあなたの努力次第でどうとでもなります!!!

 

 

 

 

 

最新記事一覧

過去の記事