外国語学部の魅力!!! | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2020年 5月 21日 外国語学部の魅力!!!

こんにちは!!!はじめましての方もいますかね、上智大学外国語学部2年の三上夏奈です!!

2年生になってから初めてのブログでして、あああもう華の1女は終わってしまったのか、、という気持ちでございます。

学校がないと進級したという実感がないですよね。1日でも早く日常が戻るといいなあ、、、

さておき。

今日は、今私が通っている外国語学部の魅力について語ります!!

まず、なぜ今外国語学部に通っているのかと言えば、実は第一志望の経済学部に落ちてしまったためです。

入学するまでたくさん迷いました。ずっと経済系に進もうと考えていたので、興味がない外国語学部で、はたして4年間やっていけるのかとても不安だったためです。

しかし、入学してから後悔したことはなんと1度もありません☆

なぜかというと、大学生になってもたくさん勉強しなければいけない環境を最も提供してくれている学部だと感じているからです。

「大学は人生の夏休み」だなんて言葉よく聞きますよね。でも、私はそういう環境に置かれたときにいかに自分を成長させられるかで人間の真価が問われていると思います。

ただ、1年生の春学期のうちからそのことに気付くことは結構難しいんですよね。そんな中、膨大な課題とテストを出してくれるこの学部に入ったことで、努力の天井を高く保てたのだな、と今更気づいた、、、、、、、、(笑)

魅力はもちろんそれだけじゃないです。

私はポルトガル語を専攻しているのですが、世界に話者は2億6200万人います。プラスで英語はもちろん勉強しますよね。英語の話者はおよそ15億人、そして日本語の話者が1億3000万くらいでしょうか。つまり、私はおよそ19億人と会話をすることができます。それに、ポルトガル語はスペイン語やフランス語、英語とも似た要素を持ち合わせています。なので、スペイン語やフランス語は勉強したことはないですがなんとなく意味がわかってしまうのです。おもしろいでしょ!!

ここまでくると、あれ、、?世界って実は広いように見えて狭いんじゃないの、、?というイモトのようなことまで考えてしまいます。(笑)

今は、英語は使うことができて当然ですよね。ただ、そのほかにもう一つ言語を持つということは、必ずこの先の長い長い人生において、大きな武器となります。(実際航空業界ではかなりの武器になるそうです。)

私もこれから世界という大きなスケールで働くのがとても楽しみです。

どうですか。経済学部や法学部などと比べると特殊な学部ではありますが魅力だらけでしょう。ぜひ視野に入れてみてください!!

Tchau! Até o próximo mês!

また来月お会いしましょう!