同日にむけて~頑張るべきこととは~ | 東進ハイスクール 横浜校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

東進ハイスクール 横浜校 » ブログ » 同日にむけて~頑張るべきこととは~

ブログ

2023年 12月 24日 同日にむけて~頑張るべきこととは~

 

こんにちは!横浜国立大学3年生の小西です!!

このとこる一気に寒くなって来て、私のおなかの調子がとてつもなく悪くなってきました,,,

 

さてそん中、共通テスト本番まで一か月を切りました。受験生の焦りもさることながら、低学年の皆さんもだんだんと焦り始めている人もいるのではないのでしょうか。

実際に横浜校では志望校別にかなりハイレベルな目標を掲げています。これは普通の低学年の生徒が勝ち取れるようなものではなく、しっかりと受験を意識して対策を重ねてきた人だけが取れるような点数です。では、そうでない皆さんが1月の同日体験模試に何とか食らいつくために必要なことは何か、これをお話ししたいと思います。

 

始めに英語、これは最低限単語だと思っています。英語の好き嫌い、得意不得意を関係なく単語はまずやりましょう。言語において単語すら分かっていない状態で取り掛かるのは正直意味が全くないと思います。まずは文を読むというフェーズに入れるように単語を覚えつくす、これを意識しましょう。もちろん余裕がある人は熟語や文法、構文などもできると良いですね!!

次に数学、これは、難しいですね。人によって学習範囲がバラバラですし、これさえやっておけば何とか、というものが存在しません。なので、まずは既習範囲をしっかりと復習しましょう。ここで言う復習は、その範囲の完璧を求めているわけではありません。自分はどこが分かっていてどこが分かっていないのか。それに対してどんな勉強をすればよいのかをまず明らかにしましょう。がむしゃらにやるよりも、なぜそれをやるのか、やらなければならないのかを考えながら勉強しましょう!

最後に国語です。私自身理系なのであまりたいそうなことは言えませんが、共通テストにおいては意識すべきことはあります。そもそも読解力を鍛えようなんて言われてもよくわからないですよね?そこで現代文、とくに選択問題において絶対にやって欲しいことをお伝えします。これは私が中学受験の時から現代文において大事にしているもので、自分が出した答えの根拠を明確にしておくということです。これは選んだ選択肢以外にもやらなければなりません。不正解だと思った選択肢はなぜそう思ったのか、正解だと思った選択肢はなぜそう思ったのか、これを本文に線を引く形で根拠を示しておきます。これをすると、復習時に自分の何が間違っていて何が正しかったのかがはっきりとします。これを繰り返していくだけで現代文を解く能力は上がっていくと思います!

 

ながながと話しましたが、英国数の序盤にやるべきことだけでもたくさんあります。まだ受験生ではないからと油断している場合ではありません。今すぐに勉強を開始して、頭を良くしていきましょう!!

 

明日は安藤先生です。お楽しみに!!

 

 

 

 

 

過去の記事