本当にあるかもしれない怖い話 | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2020年 7月 2日 本当にあるかもしれない怖い話

今日はとっても大事な話ですよ!

ちょっと長いけど最後まで必読です!

 

皆さんこんにちは!

東京外国語大学1年岡田茉美子です😎

いよいよ7月に入りましたね!!

本当なら今年は東京オリンピックが

開催されるはずの夏だったのに

ずっとSTAY HOME

満足に夏を感じることもできず残念です、😥

そんな今日は!

ならではのお話をします!

夏といえば、談👻ですよね、!?

 

 

⚠皆さんの背筋がゾッとする話も

あるかもしれませんが、

受験生は特に!

最後まで読んでくださいネ、、⚠

 

 

 

 

 

 

まずは、

衝撃の事実をお話ししますね。

皆さんがこの7月から

超絶本気で勉強を始めたとして、

成績にその成果が表れるまでに

どのくらいの期間を要するかご存知ですか?

個人差はありますが

一般的にはか月といわれています。

6か月!?

ということは、、

今が7月ですね、、、

その6か月後は、、?

なんと来年の1月です!!!!

つまり、受験本番です!!!

 

どう?背筋が凍ったでしょ?

 

じゃあもう間に合わないの?

俺もう無理じゃん!

だって?

 

まだ話には続きがあるよ😏

 

今日はそんな恐怖から皆さんを開放する

を紹介したいのです。

遅くなりましたが本日の主題はそう!

過去問の活用

 

 

 

では、まずから過去問をやる意義から

一緒に確認しましょうか。

①自分の受験校のレベルを

 具体的に想定できる。

出題傾向問題形式を知り、

 分析する手掛かりとなる。

絶望する

 

過去問をやるメリットとして

どのような問題が出題されるか知れることは

おそらく言うまでもなくわかると思います。

しかし、

絶望するってどういうこと?

って思いますよね。

なぜこれがメリットなのでしょうか!

 

考えてみてください。

一般的な予備校では過去問は

秋以降に解くように指導されるようです。

そこで、あなたもその指導方針に沿って

夏はインプットに専念したとします。

”よし、ある程度知識入ったし

 そろそろ過去問解いてみるか、、”

秋ごろになって初めて過去問を解いたとします。

「1時間もオーバーしちゃった!」

「日本史近現代の出題ばかりで

 こんなに長い論述書けないよ~」

「英単語難しすぎて全く読めない!」

初めての過去問演習では様々な悲鳴

心の中で飛び交うことと思います。

これを入試3か月前に知ったら?

共通テストの対策もしなければならないし、

学校だって普通に登校しなければならないし、

コロナで授業も遅れているところもあるかもしれないですよね。

自分の受験に対して

絶望感😱しか残らないはずです。

 

でも、早いうちから知っていたら

何度も何度も解いて、

分析しまくって、

対策しまくることができるから

最終的には最初はあんなに難しかったはずの問題にも

太刀打ちできるようになるのです!!

 

だから、私たちは

今から過去問を始めようと言っているのです。

もうわかりましたね?

 

では次に

どのように過去問を行うのか

についてお話ししますね。

 

まず手順としては

①試験時間と受験科目を調べ

本番と同じサイズ

問題用紙解答用紙

を手元に準備する。

(常に本番に近いコンディションで受けることを意識するとよい!)

②実際に問題を本気で解いてみる

採点をし、正しい答え解説熟読する。

④解いてみた感想

問題にどのような特徴があったか、

どこで多く間違えたのかなどを

めちゃくちゃこまかく分析する。

⑤不足していた知識のインプット

といった感じでしょうか。

 

私は過去問演習の中で一番大切にしていたのは

④の分析の部分です!

でも急に分析しろって言われても

何をどうすればいいかわからないですよね??

  

今日はそんなアナタのために

私が実際に行っていた分析のやり方も教えちゃいます!

 

今日は問題自体の分析について!!

※画像だと細かくて見づらいと思うけれど校舎で実物見れるよ👌

私が意識していたことは、

時間配分

自分のクセに合わせた解き方の考案です!

 

入試問題には学校ごとのクセが

色濃く表れています!

例えば、

東京外国語大学英語

の場合、

試験時間は150分

(2時間半!長いネ!!)で、

大問は6個構成。

大問1~3はリーディング

その中でも大問1は全て論述式

大問4~6はリスニング

中でも大問6は聞いた内容を

英語200語程度で要約

その内容をもとに英作文200語程度

ものすっごい実践的な英語

が求められている感じがしますね。

 

試験時間2時間半って

すごく長く見えるかもしれませんが、

めちゃめちゃ集中しても

始めの頃は時間内に終わらせられず

3時間半くらいかかって解いていました。

せっかく英語の実力がついても

時間が足りなくて解ききれなかった😭

ということでは非常にもったいないですね!

よって、

自分が一番点数が採れる勝算のある問題

配点が高い大問に比重を置いて

試験時間を割ってあらかじめ

大問ごとに目標時間を決めて解くと

漠然と150分でやろう、というよりも

時間短縮につなげやすい💡

と思います!

 

 

また、解き方に関しては

全体観で見たら

どの大問も難しくて

どこから手を付けたらいいのだろう、、

と思うかもしれませんね。

実際に解いてみた自分の回答

解説を照らせば改善点は

必ず見つかるはずです。

自分が間違えてしまった問題を

注意深く見てみると

同じような間違いをしていることに気づくことも多いはず。

そんな自分のクセを自覚すれば、

あとは繰り返さないように改善するだけですね🙄

まあこれがなかなか難しいのですが、

過去問演習を鬼のようにこなすうちに

コツが自然と掴めるようになるものです!

 

ここで大事なことは!

改善しようと思ったことを

必ず一つのノートにまとめておくこと。

入試本番までずっと意識しなければ意味がないのだから、

忘れかけた時にすぐに思い出せる工夫をしましょう!

 

 

 

今日は少しテクニカルな話も含んでお話してきましたが、

最終的にものをいうのは

演習量です。

最終的に入試本番までに私は外大の過去問を

10年分×4周 

+更に古い年度3年分×2周

を演習しました。

 

「もうこれ以上やることないでしょ!!!」

 

自信を持てるまでやりきって

本番に臨んだので、

入試当日はほとんど緊張せず

やっと外大のキャンパスで試験が受けられる~と

ワクワクしていたくらいです。

本当にやりきった!!!

と思うまでやり切れば

それまでの自分の努力が絶対に味方になります。

 

 

そんな半年後の自分のために、

今から本格的に過去問を演習して

アツイアツイ夏にしちゃいましょう🔥

 

 

 

明日は横浜薬科大学に通う

渡辺先生によるOOC(おうちオープンキャンパス)です💖