受験生にとって最高の2019年になりますように。 | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2018年 12月 31日 受験生にとって最高の2019年になりますように。

こんにちは!明治大学4年の湯浅です!

2018年ラストのブログを任されたので緊張しておりますが頑張ります!

みなさん今年はどんな年になりましたか?どんな人にも良かった事も悪かった事もあったと思います。

良かった事はもっともっと良くして、悪かった事は早急に良くしましょう。

私は2017年の後悔を今年の行動に活かすことが出来、より良い一年にすることが出来ました!

失敗、反省を自分の成長につなげられるかは自分次第です!ぜひ自分自身で1年の総括をしてみて下さい(*^^*)

 

さて、本日12月31日は受験生の英語千題テストが行われています!

単語、熟語、文法などの知識を中心に、英語の知識の全範囲を総復習して、全ての穴を埋めるのです!朝8時半から19時ごろまで受験生は大みそかもがんばります!

千題テストは、出来なかった部分をセンター試験までに繰り返し復習して完璧に解けるようにする事が最も大事です!

今日帰った時から入試が終わるまで何周も繰り返しやり、一つも分からないところがない状態にしましょう!!

(ちなみに新高3は次の3月にあるからそれまでに高速マスターを完璧にしておいてね)

 

 

そして今日のテーマの受験生へのメッセージに移ります。

この時期、「過去問がおわらない」「この科目がやばい」など無限に不安になると思います。自分もそうで、よく不安に負けそうになり、担任にたくさん相談をしていました。

しかし、その不安がどれだけ自分の勉強時間や勉強効率を奪っているかで最後の1ヶ月の伸びが決まります

まだセンター試験まで半月、2月の一般試験まで1ヶ月以上もあるんだから、やれることはまだまだあります。

なのに、過去の後悔や現状の不安に気を取られている場合ではありません。どれだけその時間を短くし、勉強時間を長くできるかは人によってかなり差が出ます。だから意識してその時間を多くする必要があります。

 

過去は変えられないけど未来は変えられます!!

だったら過去の反省はさっさと済ませて、未来をどうするのか考え、行動した方がいい!変えられることに対しての時間を多くとりましょう!

 

そして本当に自信が持てない時。

自信とは自分を信じると書きますよね。

自分を信じるための根拠として、模試や過去問の点数ももちろんですが、自分の行動や努力も見てあげてください。

あなたが先生だったら、頑張っている生徒に対して「大丈夫だよ!」と声をかけますよね。

それは自分自身にも一緒です!

慢心と自信は違います!謙虚さだけでなく、自分を本気で信じる事も勝負には絶対に必要です!!

 

みんなが最後まで全力で走りきって、ゴールで笑えますように。

そして2019年がみんなにとって最高の1年になりますように。

心から願っています!!!

 

 

本年も大変お世話になり、ありがとうございました。

2019年も何卒宜しくお願い致します。