受験休みの使い方 | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2021年 1月 28日 受験休みの使い方

こんにちは!

 

最近、宮部みゆきさん『ペテロの葬列』を読み直しました。

社内報の記者兼編集者として働く、主人公杉村三郎。

主人公と上司が取材帰りに乗っているバスで、突如老人が銃を取り出し、バスジャックを宣言します。

バスジャックの犯人は銃で脅してきますが巧みな話術の使い手である老人。

このバスジャックをきっかけに様々な事件に主人公が巻き込まれていきます。

人間の悪が連鎖する小説です。

是非、読んでみてください。

 

 

さて、早いものでもう1月が終わり2月になりますね。

2月と言えば、そう、入試です。

私立大学や国公立大学の入試が本格的に始まりますね。

しかし、今日のブログで取り上げる入試は大学ではなく、中学、高校入試!

中学、高校入試の期間は学校が休みですね、入試休みの時間の使い方について書いていきます。

 

長い人であれば10日以上、短い人でも2日はあるのではないでしょうか。

せっかくの休みを有効活用しなければ、勿体ない!

学校が無い日が何日も続くので、やりたいことができます!

例えば、苦手なベクトルや英文法、二次関数などをやり込み、苦手を得意にすることもできるはずです!

「苦手なことばかりやるのは無理!やる気が続かない!」という人もいるでしょう。そんな人は、逆に得意分野をとことんやって、最強の武器にしてみてはどうですか?

入試休みが終われば、学校の定期試験まで2週間近くなっているはずです。

最低限、テストの為に1月、2月の復習はしておきましょう。

 

勉強勉強に話がなってしまいましたが、適度に休息をとり有意義な入試休みにしましょう!

 

 

明日のブログは佐藤先生が、受験生に向けて時間の使い方を書いてくれます!