前を向いて歩こう。 | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2020年 1月 20日 前を向いて歩こう。

こんにちは、担任助手1年の清水崇也です。
さて、センター試験が全日程を終了しました。
皆さんは今どういう気持ちなのでしょうか。
思っていたよりもうまく行った人、いつも通り点数が取れた人、いつもよりも点数が取れなかった人、様々いると思います。

ここでは特に、本番上手く行かなかった人に対してメッセージを送りたいと思います。

今とても辛いと思います。悔しいと思います。落ち込んでいると思います。

自分は去年センターで点数が取れず、また自分よりも成績の悪い同級生が自分よりも高い点数を取っていたり、同じ第一志望校の子がめちゃくちゃ良い点数を取っていて本当に焦ったし、同時に落ち込んでいました。

だから気持ちが分かります。すごい悔しいっていう気持ちが。もっとできたのにっていう思いが。

だから、リベンジしましょう。ここからは反撃に出ましょう。やられっぱなしは嫌ですよね。

これから先、あなたが今抱えている辛いことを引きずりながら受験を終えることになるかもしれない。でも、大事なのは今この瞬間、1秒でも早く次のことに取り掛かる事だと思います。辛いのは百も承知です。

やるしかないのです。時間は待ってくれません。

ところで、東洋大学の陸上部にはこんな言葉があるそうです。「その1秒を削り出せ」と。

受験生も同じだと思います。1秒でも無駄な時間は作らない。1点のために全力を費やす。

その1秒を、その1点を削り出すための努力を最後まで諦めないでください。

苦しかったら、担任・担任助手がいつでもお話し聞きます。担任・担任助手を始め全てのスタッフが君たちの味方であり、戦友みたいなものです。これからも一緒に戦っていきましょう。

ここから勝つために。



ー閑話休題ー

はい! じゃあ、ここからは低学年向けのお話します!

冬休みに頑張った生徒紹介です!! 僕はN君について紹介します!

まず、新高3生のN君は冬期合宿に参加しました! 素晴らしい!!

加えて、毎日の勉強も毎週平均約10コマ受講、高マスも未修得のものを修得したり、毎日メンテナンスと高マスが常に隣にある状態です!←理想的ですね。。。

僕がここで特に彼についてすごいと思うところは、しっかり継続していることです。

特に冬休みは年末年始で忙しくなり、勉強がおろそかになるところなのに、彼が勉強を止めることはありませんでした。。

こういった誘惑に負けず、日々努力し続けることが受験生としての下地を完成させていくことだと、僕は彼を見ていて感じました。

ですが、僕は彼はまだまだやれる人間だと思うので、もっともっと情熱を注ぎたいなと思います!

(N君、覚悟してね♡)

皆さんもN君に負けないくらい日々の勉強を大切にしていきましょう! 

!!継続は力なり!!

以上で、今回のブログは終わりです!