共通テスト同日体験模試がなぜ大事なのか?? | 東進ハイスクール 横浜校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2022年 12月 24日 共通テスト同日体験模試がなぜ大事なのか??

こんにちは!

日本女子大学家政学部児童学科の田中璃音です!👧🏻

 

 

受験生は最後の共通テスト本番模試が終わりましたがどうでしたか??

最後に結果が出た人もいれば、悔しい思いをした人もいるかと思います。過去を振り返ることも大事ですが、結果は絶対に変わりません。なので、今回の結果を踏まえて、今自分に何が足りないのか、何をすれば本番までに少しでも点数を伸ばすことができるのか、よく分析してこれからの勉強に活かしてほしいです。

 

共通テスト本番まであと21日となりました!!!!早いですね🥲

 

いま目の前にある問題を全力で解いて、本番まで後悔しないように生活してください。

体調管理もとても大事なので無理をせず一緒に頑張りましょう!!💪🏼

 

 

受験生はもちろんですが、低学年のみなさんも1年後、2年後には本番が待っていることを忘れてはいけません!

 

そこで大事になってくるのが

同日体験模試です!

 

同日体験模試の得点率で合格率が決まるといっても過言ではありません。

 

新受験生は、、

・医学部または東大などニ次試験で主要三科目を使う人→8.5

早慶、旧帝大以上→8

国公立大学7

MARCH以上→6.5

 

横浜校はこれを目標にしています。

実際に、この目標点を同日模試で取れている生徒のほとんどは、第一志望の大学に合格しています。

 

たかっ!!と思う方も多いと思いますが、勉強をしなければ決して成績は伸びません。たとえ模試の結果が低かったとしても、その結果を踏まえてその日から頑張れば、本番までに間に合う可能性は十分にあります。

現実と自分の点数のギャップを知ることができれば、たとえ思うように点数が取れなくても受ける価値はあると思います。そのきっかけになったらいいなと思っています!

 

共通テスト本番と同じ時間に同じ問題を解くことができるのは、当たり前ですが1年に1回だけです!

 

今この時も志望校合格を目指して必死に勉強に励んでいる生徒はたくさんいます。

負けたくない!と思う方は今から行動しましょう!!

 

 

明日は芝田かのん先生がお話してくれます💖