共通テスト 予習・復習 | 東進ハイスクール 横浜校 大学受験の予備校・塾|神奈川県

ブログ

2023年 1月 26日 共通テスト 予習・復習

こんにちは。東京大学教養学部文科一類の山田達也です。

共通テストが終わってからすでに2週間が経とうとしています。受験生の皆様にとっては一番難しい時期かもしれません。というのは、「すでに終わった試験の復習」「次の大学の試験の対策」の塩梅に非常に迷うところだからです。

特に同じ大学で複数の学部を受験する場合、「全く同じ内容」がでる蓋然性は(当然)限りなく低いです。この場合、復習よりは次に来る試験の対策をした方が遥かに有効だという事になります。他方、異なる大学を受験する場合、直前の試験を復習しておくことには一定の価値が出てきます。複数の大学で同じような問いが出ることはよくあるので(特に同レベル帯の大学、社会科・古典で顕著)。自分の状況、テストの出来、自分の性格(前の失敗を引きずりやすい、すぐ切り替えられる、etc.)を考慮しながら、最適な行動をとっていただければと思います。

逆に、共通テスト同日体験受験を受けた低学年にとっては、このバランスは全く考慮する必要がありません。可能な限り、最大限復習すべきです。ある意味、ほとんどの生徒にとっては「初めての過去問演習」でもあるわけです。過去問は限りがあり、特に共通テストの問題はまだ3年分しかないので非常に貴重なので、絶対に無駄にしたくありません。間違えた問題だけでなく迷った問題も確認する、全く手が回らなかった長文読解問題は改めて読んでみる、などやれることは様々あります。自分で考えて復習するとともに、どうすればよいかわからなくなった場合は是非スタッフに聞いてみてほしいと思います。

とはいえ、ひとりで復習できる範囲が限られているというのもまた事実でしょう。解説を読んでもわからない、そもそも解き方・時間配分などもう少し漠然としたものを知りたい、といった場合がこれにあたると思います。
そうした方には、2/1に行われる渡辺先生の公開授業をお勧めします。共通テスト解説型の公開授業ですので、しっかり受講すれば間違いなく力になります。勉強法、取り組み方、当日の解き方……ほかにも、様々なことを聞くことが出来ます。ぜひ参加してみてください!

 

明日は深尾先生です。お楽しみに!