全題復習即無駄也 | 東進ハイスクール 横浜校 大学受験の予備校・塾|神奈川県 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2021年 12月 15日 全題復習即無駄也

 

 

 

こんにちは。一橋に通っている中島と申します。いかがお過ごしでしょうか。最近寒いですね。

 

 

今回のテーマはもうじき行われる予定になっている1000題テストの復習をお話ししたいとこう思うわけです。

まぁまず1000題テストは文系は地歴公民と英語の二つで、理系は英語だけとなる人が多いのではないかと推察しておりますが、これらを全問すべて復習するというのは非効率であり、時間の無駄と断じざるを得ないでしょう。

 

なぜなら共通テストからおよそ二週間前という時期には、最大限無駄な時間を省く必要性が高まっているのに恐れ多くも1000題の復習というのはさすがにナンセンスです。

 

わたしは間違えた問題と勘で当てた問題のみの復習をお勧めします。1000題テストは基本問題しか出題してきませんので、多くの受験生はそこまで間違える問題が多いとは考えづらいです。逆に1000題テストで悲惨な点数を取ってしまうとかなりまずいかもしれません⋯⋯

間違えた問題を二つに分類するといいと思います。

一つ目は純粋に知らなかった・わからなかった問題。

二つ目は頭ではわかっていたけど漢字で書けない・記述できない・スペルや訳が分からない問題です。

受験においては確かに一つ目も二つ目も少ない人が強いです。確かにその通りです。しかし時間がない中で我々にできるもっとも最短の経路は二つ目を消し去っていくことではなかろうか。二つ目のタイプが入試ででてきて、わからないとなると相当試験後後悔するというのは目に見えているではありませんか。

一つ目の問題タイプは全て解決することは出来ませんが、二つ目の問題タイプは克服可能です。残された短い時間の中で受験生の皆が明るい未来に一歩近づくことのできる最善の選択肢の一つとして参考にしていただけると幸いです。

 

明日は野上先生です。よろしくお願いします。