伝説の正月特訓 | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2020年 1月 11日 伝説の正月特訓

 

こんにちは!

 

まいどおなじみ大人気、上智大学理工学部1年の加藤照都です!

 

最近、情報学部にもかかわらずパソコンが壊れてしまい身動きが取れなくなったとかいう

 

あともう一つあるんですけど

最近お腹でてるねって言われるんです。

 

 

あれ、、、

 

 

脂肪じゃないですからね!!!!

腹筋が厚くなったんです!!!!ガチですからね!(次お腹でてるって言った助手、許すまじ)

 

 

というのはどうでもよくて!

 

今回は!今年は私と代島先生が担当した正月特訓についてお話ししたいと思いまっす!

 

正月特訓とは

各校舎の助手が班長という形で10人弱の生徒とのグループがあります。

授業自習テスト結果に基き席替え といったようなサイクルを5回繰り返し、グループ対抗でいい成績をとって順位を競うものです!授業でやった内容+テキストに書いてあるものからしか出題されないので満点!にこだわりました。

特に目立つのが自習時間です!自習時間は問題量に比べて確保されている時間が短いのでみんなとても必死です!私もなんとか生徒にやる気をださせようと、これまでないくらい必死に声を張り応援しました。

私の班はとても頑張っていました。順位は第一ラウンドから第4ラウンドまで少しずつ下がっていきましたが、なんと最終ラウンドで初めて順位を上げるという素晴らしい締め方をしました。

2日間あるのですが、常に集中を切らすことなく最後まで頑張ってくれました。

最初と比べ、最後の方は私の班全員が満点取ろうと必死になっいて、正直感動しました。私は応援アドバイスくらいしかやってあげられることがなかったので喉がハチ切れるくらいまでやりました

私が生徒であったら集中しきれる自信がありません。そのくらい辛かったと思います。

 

しかし、

 

やりきった生徒達はこれを期に必ず最後まで受験勉強を頑張ってくれると思います。そう信じているし、そうなるようにこれからも指導するつもりです。正月特訓が終わった後は「お疲れ様」と、とても言ってあげたくなりましたが、それは大学合格の後にとっておこうと思います!!

今はむしろ私が必死に取り組む姿勢を見せてくれた生徒に対してとても感謝しています。後日何人かに聞いたところセンター英語の点数が前よりも上がったと言っていました!本当にやりがいのあるイベントだったと思います。

 

このように東進ハイスクールには生徒のやる気を出させ、点数を爆上げするイベントがたくさんあります!是非校舎を覗いてみてはどうでしょうか。いつでも大歓迎です!!

 

 前髪がジャマで文字が見えないですねぇ~~