予備校って入る意味ある? | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2021年 3月 19日 予備校って入る意味ある?

こんにちは!東進ハイスクール横浜校の八城です!

次自分は4年になるのですが、つい先日所属する研究室が決まりました!

ついに研究が始まると思うと胸がいっぱいです!

さて今日のテーマは、、、

予備校に行くか?行かないか?

です!

自分としては、入って勉強しても入らなくて勉強して合格できるのであれば、人間として成長できるのであれば、どちらでもいいかなと思います。

ただ、一点気をつけなければならないのが

(勉強を)『やることができる』と『やる』は違う

ということです。

昔の自分もそう思ってましたが、受験勉強なんて誰しもやろうと思えば『やることができる』ものだと思います。

それは正しいです。

ただ!そのような『やることができる』ものを本当に『やる』のかは正しく判断しなければなりません。

そこで、実際に『やることができる』もの、つまり受験勉強を『やる』際に出てくる問題点をあげましょう。

やる気

・勉強法は間違っていないか判断できるか

・他人より進んでいるのか遅れているのかの判断ができるか

・記述添削は誰がするのか

・他人と差をつけられるか

などなど山ほど挙げられます。これら全て自分で解決できるならば、それは正真正銘自分で『やる』人なのかなと思います。

しかし、上の何点かに直ぐ答えられなかった人は、本当に自分自身で『やる』ことが最善策なのでしょうか?

そこで、すこしでも他の人に頼った方が『やる』人に近づけるのではないかと思った人のために、予備校があります

一度きりの大学受験、後悔なく終えられる選択を是非してくださいね!

予備校興味あるな、すこし『やる』ことができるか心配だな

と思ったそこのあなた!今東進ハイスクール横浜校では

新年度特別招待講習!

を行っております!無料です!本日2講座の締め切りです!予備校で本当に『やる』人になれるのかは

是非あなたの目で確かめてください!(下に申し込みフォームあります)

そして明日は、、、

私立文系といえばこの男、芝田先生

東進では明日から始まる春休み期間の過ごし方を教えてくれます!

東進生の皆さんは明日8時半に必ず登校しましょうね!

 

東京工業大学3年 八城幸佑