メンタルはとても大事! | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2019年 6月 4日 メンタルはとても大事!

こんにちは!明治大学政治経済学部3年の佐藤康平です!

このところブログに全国統一高校生テストの話題があふれていますね、、、

そんななか今回のテーマは(も?)

 

全国統一高校生テストです。

なんということでしょう。大変です。もうあと5日しかありません。

そこで、僕からはメンタル面の話をしたいと思います。

 

どうでしょうか、みなさん緊張していますか?

僕はもうドキドキです。

みなさんも結果を出せるかなとドキドキしていることでしょう。

ドキドキして本来の力を出せないのではないかと思って鬱になってしまっている人もいるかもしれませんね。

しかし、緊張しているというのは良いことだと思います。それだけ今まで頑張って勉強してきたということです。

勉強に本気になれていなかった頃に受けた模試ではきっとそこまで緊張していなかったのではないでしょうか。

ということは緊張するのは良いことです!!そういうことにしましょう(笑)

どうせ本番ではもっと緊張するのです。

模試のときに感じる緊張など「楽しむ」くらいのメンタルで持てる力を出してきてください。

「そんなの無理!」とか言わないでください(笑)否定語は厳禁です。脳科学がそう言っています!

 

あとは受けた後のことについてです。

模試は何のために受けるのでしょうか。

点数を取るためではありません。自分の実力を測り、学力を向上させるために受けるのです。

ですから、模試の後に自己採点をして必要以上に喜んだり落ち込んだりしないでくださいね。

模試を受けて、自分の弱点を知り、それに対して何をしていくべきなのかを考えましょう。

ずっと前から頑張ってきた人は自分の穴はどこなのか最近エンジンがかかった人はどこが自分の弱点なのか、模試とはそういったことがわかる素敵なものです。

幸い東進の模試の帳票にはそのためのデータがたくさん載っています活用してください!

ただし注意していただきたいのは先ほどの「点数を取るためではない」というのは「点数を取らなくていい」ということと同義でない、ということです。

適当に受けた模試の点数に意味などありません。そんな点数では自分の力の分析などできないからです。

こちらとしても「途中で寝てしまった」とか言われると実際の力がわからないので、有効なアドバイスをすることができません。

あくまで模試は全力で楽しんで!今の自分を見るために受けてきてください!!

 

今回はいつものセンター試験本番レベル模試よりも多くの人が受けます!全国での自分の立ち位置を見に行きましょう!!!

スタッフ一同応援しています!

そして!なんだか説教じみた文章になってしまって申し訳ありませんでした m(_ _)m