センター数学が伸び悩んでいる人へ | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2018年 4月 19日 センター数学が伸び悩んでいる人へ

こんにちは!明治大学情報コミュニケーション学部3年の雨宮裕樹です!!

気がついたら3年生になっていて時が経つのは早いなぁと最近実感してきています。

さて、今週の日曜日にとても重要な模試がありますね!

そうです、センター試験本番レベル模試です!!

ここで、半年で数学ⅡBの偏差値を20上げた僕から、センター試験における数学のコツを伝授したいと思います!!

センター試験の数学において多くの人を悩ますのが、時間不足です。

問題量が多い割に時間がとても少ないんですよね…

そこで、現状なかなかいい点数が取れない方にオススメしたいのが、これです。

『自分の得意分野から解き始め、12分経ったら次の大問に進む』です。

当たり前のことですが、かなり重要です。

自分の得意な分野から解き始めることにより、問題を解くペースを作り上げることができます。

解く順番は意外と意識をしていない人が多いです。

また、センター試験では現在数学ⅠA・ⅡBともに解くべき大問は4題です。

そのため、各大問12分で解き、余った12分で解ききれなかった問題を解きに戻ります

こうすることにより、焦って一つの問題に時間を掛けすぎた…、時間があれば解けたのに…ということを防ぐことができます。

もちろん人によって合う解き方はあると思いますが、成績が伸び悩んでいる人はぜひ一度試して欲しいと思います!!



過去の記事