センター直前期対策 数学(特訓本科コース) | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2019年 1月 8日 センター直前期対策 数学(特訓本科コース)

こんにちは!特訓本科コースです!!

センター試験本番まであと11日となりました、2週間切っています!!

 

皆さん、本番で目標点が取れるように順調に勉強できていますか?

これまでブログで英語や国語、地歴社会についての勉強法をお伝えしてきたので、

今日は数学の対策ポイントについて紹介したいと思います!!

ズバリ!3つのポイントがあります!!

①誘導を上手く利用する

②計算力を鍛える

③時間配分を意識した演習

です!

まず、ポイント①についてですが、私は上の3つの中で一番重要だと思います!

センター試験の中で、唯一誘導形式で問題が出来ているのが数学です!これはなぜかわかりますか?

数学力というのは、問題の答えを出す計算力ではありません、数学力とは論理思考力です!聞かれている問題に対して、どう考えて、どういう方法を使って答えを導き出すかを考える力が数学力なのです!

したがって、センター試験も一つの問題に対する解法の中での色々なプロセスについて理解しているかを試すために途中途中で穴埋めになっている形になっているわけです。

センター数学で途中で何をすればよいのか分からなくなるという生徒が多いのですが、原因として考えられるのが、その問題形式の中で使われている考え方、解法を上手く利用できていないというのがあると思います。センター演習をする際は、常にその問題がどういう解法を使っているかを考えて演習を進めてみましょう!まだ理解度があやふやな分野がある人は早急に徹底的に理解できるようにしましょう。

 

次に、ポイント②についてですが、これは数学が得意な人でも、苦手な人でも大事なことです!

以前このブログでも紹介しましたが、多くの生徒で共通して数学の点数が取れない原因の一つが計算ミスです!!

センター試験はマーク形式の問題なので、いくら解法があっていても、計算を間違っていたら、得点は0点になります!

したがって計算力は大事です!!どんな大変な計算量でも、ノーミスで出来るようになるまで徹底的に計算の練習をしてください!!

その練習をすために最適なコンテンツがあります!!

高速基礎マスター講座の”数学計算演習”単元ジャンル別演習講座です!

”数学計算演習”は英単語センター1800と同じように、数学の各分野の基本事項について、計算演習をメインに確認できる講座です!実際に、この講座を活用して、大幅に点数を伸ばした生徒もたくさんいます!もうすでに完全習得している人も、トレーニングとしてどんどん活用しましょう!

単元ジャンル別演習講座では、つい最近できたのをご存知ですか?

そうです!”センター直前演習”シリーズで、数学ⅠAのデータの分析と数学ⅡBの三角関数、指数・対数関数の演習が出来ます!

かなり基本的な所から演習ができて、演習量も十分あるので、上の3つが特に苦手な人は是非活用しましょう!!

 

最後に、ポイント③について

センター数学は時間が問題量に対して、非常に少ないです。時間が足りなくて終わらないという人も多いと思います。

特に数学ⅡBの計算量はとても多いので、数学が得意な人でも苦戦している人が多いです。

したがって、自分の目標点を取るためには、いかに効率よく”取れる点数”を取るかが鍵になります!

目標点が80点の人は問題の80%が出来ればいいので、どの問題も最後まで解ききる必要はないのです!自分が得意な分野の問題は最後まで解ききれるぐらいの時間を把握し、苦手な分野は50~60%ぐらい取れるような時間を把握して、自分の実力が100%出し切れるような時間配分を考えましょう!

例えば、試験時間60分の内に、45分の間で苦手な分野の問題をまず解いて、得意な分野の問題もその時間の内に出来るだけ解いておきます。そして、残りの15分の間で、時間をかければすべて解ける問題や得意分野の問題に取り組むというのも良いと思います。

人それぞれ適した時間配分があると思うので、センター演習をするときは色々シミュレーションしてみましょう!

 

皆さんの数学の点数が上がることを期待しています!!