センター直前期対策 理科(特訓本科コース) | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2019年 1月 10日 センター直前期対策 理科(特訓本科コース)

おはようございます!

センター試験まであと10日を切り、

今日から9日間何をすればいいんだろう?

と考える人も多いのではないでしょうか。

 

今日まで横浜校特訓本科コースでは

英語、国語、社会、数学について直前期の勉強法を話してきましたが

何か忘れているような。。。

 

あ、理科がまだだった!!!

 

というわけで理科の直前期の勉強法を紹介したいと思います!

 

気を付けるポイントは大きく分けて

①間違えやすい単元の理解が出来ているかを確認する

②暗記すべきところを徹底的に詰める

の二つです。

 

普通のことじゃんと思う人も多いかもしれませんが、

普通でいいんです!

 

試験問題は基礎の概念をはっきり理解して、応用できれば解けるようになっています。

結局普通に教科書を理解して普通にテストで合格点を取れば合格できるようになっています。

だから、胸を張って普通に勉強しましょう!!

 

しかし一概に普通といっても人それぞれ微妙にニュアンスが変わってくると思うのでもう少し掘り下げてみましょう。

 

①間違えやすい単元の理解が出来ているかを確認する

この頃、受験生の皆さんは日々問題集や過去問に明け暮れていると思います。

その中で、必死に考えてもよくわからない問題が出てきたときにどうしますか?

おそらく解答解説を読んで納得するでしょう。

でも、そこで終わったらもったいない!

もしかしたら根本的に基礎概念を誤って理解してしまっているかもしれません!

その場合、今後も同じミスをする危険性が高いので、

まずは受講をし直したり、テキストやノートを見直しましょう!

そうして、間違えた問題を解き直せばきっと違う見方ができ、得点に結びつくはずです!。

 

②暗記すべきところを徹底的に詰める

「講座の受講が一周終わったー」「問題集一冊解き終わったー」

よくこういった声を聴きませんか?

全く批判しているわけではないですが、

試験で重要になるのは終わったかどうかよりも出来るようになったかどうかです。

終わったが出来ない場合のよくある原因として、

あやふやなまま進めてしまったということが挙げられます。

理科の勉強をおおかた網羅したがいまいち点数が伸びない!!

という人はいままで使ったテキストを紙にまとめたりして暗記の質を上げてみてはどうでしょうか?

きっと点数は伸びると思いますよ?

 

 

とどのつまり、直前期で大事なのは

今ある知識をブラッシュアップしていくことです!

どんどん知識を磨いて試験本番を自信満々に迎え入れましょう!