オープンキャンパスに行こう! | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2019年 5月 24日 オープンキャンパスに行こう!

こんにちは!東進ハイスクール横浜校担任助手の井上明香里です!

 

高校生にとって5月といったら何でしょうか?

 

オープンキャンパスです!

 

5月には、多くの大学が今年度第1回目のオープンキャンパスを行っています。東大の五月祭もすでに開催されました。この5月オープンキャンパスに行った、という高校生も多いのではないでしょうか?

 

オープンキャンパスは志望校を決めるうえでとても役に立ちます!オープンキャンパスでしか知ることができないことはたくさんあります。今日はオープンキャンパスを存分に活かしてもらうために、オープンキャンパス3つの極意を伝えます!

 

 

極意その1 行き帰りは通学を想定すべし

オープンキャンパスへの行き帰りは、ぜひ実際に通学で使うであろうルートで行きましょう!かかる時間や乗り換えの面倒臭さ感覚的に分かります。いざ大学に通うとなって「こんなに遠いなんて、、」と悩まないようにしましょう。通学時間は意外と大切ですよ!また、2次を受験するときにも、1度来ているだけで、本番の安心感が違います。緊張しやすい人はぜひ行き方を体験しておくことをオススメします!

 

極意その2 先輩にはぐいぐい聞くべし

オープンキャンパスに行くとその大学の学生に質問できるブースがあることが多いです。先輩からしか聞けないぶっちゃけトークほど貴重なものはありません!質問を受けている大学生の多くは高校生に大学の魅力を伝えたいと思っているので、みんな優しいです。だからぐいぐい聞いてみて下さい。「真面目に勉強する人が多いと思いますか?」「大学生活は楽しいですか?」のような曖昧な質問でも全然OK!大学生を困らせるくらい聞きちゃいましょう!

 

極意その3 質問はあらかじめ書き出しておくべし

さっきの話にも関連しますが、大学生や先生に実際に質問できる機会がたくさんあります!でも、いざ質問!となると「あれ?なんだっけ!」ってなることは多いです!後で、「ああーこれ聞けばよかったー」と後悔しないよう、あらかじめ聞きたいことをできるだけたくさん書き出しておくべし!メモを書くときは、大学生の1日を想像してみて、あやふやな所をメモしておくといいと思います。例えば、朝起きて、授業受けて、、、授業はどれくらいの人数で受けるんだろう?ご飯はどこで食べるんだろう?、などです。

 

以上がオープンキャンパス3つの極意です!ぜひ意識してみてください。せっかく時間を使うなら存分に活かしましょう!

 

また、東進生は担任助手の通う大学を大学案内してもらうのもオススメです!これは担任助手だからできることです!担任助手も自分の大学に興味をもってくれると、とても喜びます話したことない担任助手でもぜひ積極的に声をかけて下さい!担任助手と2人きりは気まずい、、という人は、友達いっぱい連れてきて下さい!もちろん東進生でなくても大歓迎です!

 

オープンキャンパスに興味を持ってもらえましたか?1,2年生はまだ志望校が決まってなくても、とりあえず行っておきましょう!オープンキャンパスで感銘を受けて、志望校に決めたという友達もいました。志望校でなくても、結局、併願校や志願変更などで受けることになることもあります。3年生は第1志望の大学に行っていないのであれば、行ったほうがいいと思います。私は第1志望の大学のオープンキャンパスに3年の10月に行きました!まだ行ってないという人も安心してください!!第二回オープンキャンパスが秋頃にある大学や、まだ開催してない大学もあります。興味のある大学については調べてみましょう!

 

オープンキャンパスで今回の話をぜひ活かして、志望校を考えるのにつなげてほしいです!!ご覧頂きありがとうございました。