やりきって模試を迎えよう!! | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2018年 6月 12日 やりきって模試を迎えよう!!

こんにちは!早稲田大学文化構想学部1磯部太一です!

さて、受験生のみなさん、今週末にビックイベントがありますよね?

とっくにおわかりだと思いますが、それは全国統一高校生テストです!

今回、僕からは模試直前期の過ごし方について話していきたいと思います!

まず「本番と同じように出来ることをやりきって、模試で悔いのない結果を絶対に残す!」ということを意識してみてください。

この時期は学校の行事などがあり、勉強時間の確保が困難なこともあると思います。しかしだからといって模試の対策が疎かになるのは良くありません。自分の日頃の努力が結果として出なくなり、「いつもはもっと点数取れるのに」という後悔につながってしまいます。

そうならないために僕がオススメしているのは週間予定シートにしっかり書くことと、模試までにやらなくてはならないことを書き出してみることです。こうすることによって自分が勉強に当てられる時間と、その時間の使い方が明確になり、より効率的な学習をすることができるようになります。また「忙しくてわざわざ時間を取れないから高速基礎マスターは電車での移動中に終わらせてしまおう!」など、々の生活をより工夫して過ごすことができるようになります。僕も高3のちょうどこの頃、学園祭実行委員の幹部として忙しい日々を送っていましたが、模試で後悔したくない!と思い、そのためにやることを書き出し、それをもとに用具の買い出し中に、友達に日本史の問題を出してもらったり、仕事を早く終わらせ80分の空き時間を作り、英語のセンター過去問をしたりしていました()

忙しいなりに予定を立て、学校行事も勉強も両立させることが出来た!、という成功体験はセンター本番直前に「あの頃より今の方が勉強に時間を当てられるし、無駄に焦る必要はない!」という自信にも繋がりました。

たしかに全国統一高校生テストまであと5日ということで、これこら満足のいく勉強時間は取れないかも知れませんが、そのなかで自分のやらねばならないことを明確にし、それをこなしていくことを一日一日の目標すれば、いざテスト当日にそれまでの勉強を振り返った時に後悔することはまずありません!

忙しい時こそ丁寧に、これを機に逆境に強い受験生になりませんか?

受験を終え、「あの頃は行事も勉強も全力投球出来たし、青春だったなー」と振り返られるような充実した日々を送りましょう!




過去の記事