11月 | 2017 | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ 2017年11月の記事一覧

2017年 11月 5日 冬期招待講習受付中!!

こんにちは!日本大学経済学部の小菅です!

皆さん、すでに冬期招待講習が始まっていることをご存知でしょうか?

CMでもお馴染みの実力講師の授業を受けることができます!私も初めて授業を受けたときは分かりやすさにビックリしました。これは是非とも体験してほしいです!

12月10日までに申し込みをするとなんと…

3講座分受けることができます!

そして講座だけでなく、英語センター1800を受講することもできます。

センター1800とは大学受験の基本単語を一気にマスターできる講座です。

とにかく百聞は一見に如かず。

是非とも横浜校でお待ちしております!




2017年 11月 4日 ☆現代文の復習方法☆-松田ver-

こんにちは!順天堂大学医療看護学部の松田です!

ついに11月になりましたね!!一番好きな冬が来てウキウキしています☆

寒さ対策には気を付けてください!

今回のテーマは「科目のやり直しの仕方」です!

先日も全国統一テストがあり、最近模試を受けた生徒も多いのではないのでしょか?

もちろん、模試を受けること自体はとても大切です。しかし、受けたっきりになってしまったら模試を受けた意味はありません!!一番大切なのは模試の解きなおしです!!!

私からは「現代文」の復習の仕方について説明します☆

まず、解答を読み根拠となる部分を把握します。そして他の選択肢を見てなにが違うのかを解答を見ながら理解します。ここでポイントなのが、選択肢に書かれている文章は、句読点などで区切られ半分に分けることができるものが多いはずです。前半と後半に分けて、前半から確認していきます。前半の文章が間違いではなかったら次に後半の文章を確認します。

正解でない選択肢には必ず、間違えている部分があるはずです。

①自分がどこで見落としていたのか

②なにが根拠でこの答えになったのかを理解していくことが大切です。

そして、その解き方や答えの導き方を自分のものにして、次に生かしていきましょう!!

苦手な子も何度も解く練習をして自分の解き方を見つけていけば、必ず点数は上がります!

私は、最初に問題文を読みます。次に、本文に入り登場人物に〇を付けて、「だから」「つまり」「なので」「しかし」「ところが」などの接続詞のあとの一文に傍線を引いていました。接続詞のあとは重要なことが多いのであとから文章を読むときにどこが筆者の言いたいことなのかが分かります。

高3生は受験までもうすぐですが、最後まであきらめずに自信をもって勉強をやり抜きましょう!!

今頑張って勉強していることは絶対に無駄ではありません。

高1、高2生も横浜校で一緒に受験勉強をがんばりましょう!!!






2017年 11月 3日 模試の復習!!!(数学編)

こんにちは!慶應大学1年生の渡辺です!!

ついに本格的に冬が到来しましたね、、、、

マフラーとかが恋しくなってきています

そう今日のテーマは数学!!

模試の数学の復習についてですが、他の教科よりは断然にやりやすいと思います

その理由は間違えた理由を場合分けしてもう一度解き直すとシンプルなことを徹底すればいいからです!!

間違えた理由は

1つ目が計算ミス

2つ目が時間が足りなかったから

3つ目が本当にわからなかった問題です

 

1つ目の間違い方は直すのが非常に簡単で、どの計算を間違えたのかはっきりさせ、やり直してみましょう

このミスが一番もったいないミスなので失くしていけるようにしましょう

 

2つ目のミスが直すにはシンプルに計算スピードの向上が求められます。そのためには、簡単な問題でも時間制限をつけて常に時間と戦いながら勉強していきましょう

 

3つ目は模範解答を読み込み、必ず解けるようにしましょう

そして、もう一度何も見ずに解いていきましょう

 

これが全て出来ることで数学の復習は完璧です!!

できるひとは間違えた問題をノートに貼り付けたりして、間違えた問題集ノートを作るのがいいです

復習が一番大切な面なのでしっかりとやって行きましょう!!








2017年 11月 2日 *物理編*

こんにちは!上智大学経済学部経済学科1年の久保田です!

もう11月なんですね!寒い!実は私の大学は今日文化祭なんです!!ぜひ来てください~~

今日は引き続き全国統一高校テストの復習方法を紹介していきます! 今日は「物理」!!

物理を勉強する上で大切なことは、意味を理解することです!

 

①まず始めに、間違えたところ・正解したけどあいまいなところを解説を読み確認します。

②間違えた部分の公式の理解を深めます。

③類題を解きます。

 

何度も言いますが、私は②が一番大切だと思います!

センターレベルであれば計算が複雑でないので、意味が分かっているだけで、なんとなく分かってしまう問題ばかりです

公式の理解が深まることで2次の問題にも応用が利きます。

②の公式の意味を理解する方法としては

やまぐち健一先生がおすすめです!

この講座を受けたおかげで、仲の良かった高校の物理の先生に「君はなんで物理選択にしたんだ!」と言われていた私が、センター本番は9割を超えました♪

ぜひ皆さんも受けてみてください!

(その物理の先生にはどや顔で報告しました笑)

 








2017年 11月 1日 模試の後は日本史の復習!

こんにちは!青山学院大学経営学部の金子です!

29日の全国統一高校生テスト、お疲れ様でした!!!

模試を受けることにおいて、最も大切なのは『復習』!!!!!!

今回、私からは日本史の復習についてご紹介したいと思います!

まず、最初に気を付けてほしいのが、ケアレスミスがないかどうかです。せっかくよく考えれば出たのに、ただのマークミスや問題文の読み違えで失点するなんて…もったいないですよね?

そうならないコツは、試験時間内に問題を3周すること!

1周目はいつも通り、2周目もいつも通り、3周目に見直し。ポイントは、2周目もいつも通り解くこと。そうすることで、ケアレスミスに気づきやすくなり、失点を防ぐことができます!

では、続いて復習について。

復習はズバリ!間違えた問題の時代を丸々見直すこと

間違えた単語だけ復習したって、その問題の答えをただ暗記することになるだけです。

膨大な量の日本史を覚えきるには流れを理解しなければなりません!そのために間違えた問題の部分より少し範囲を広げて見直すことが重要なのです!!

繰り返しになりますが、模試は何より復習が!!しっかり復習して次回に備えましょう!