7月 | 2017 | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ 2017年07月の記事一覧

2017年 7月 31日 7月最終日!夏休みを有意義に過ごそう!

こんにちは!首都大学東京1年の竹田です!

今日で7月も終わりです。夏休みの3分の1が終わってしまった人も多いのではないでしょうか?

みなさん、校舎が7時に開館するのはもちろん知っていますよね??

夏休みはあと1ヶ月ありますが、その1ヶ月を有意義に過ごして欲しいと思います。

そのために、1日の予定を習慣化してしまうことが大切です。

朝7時に登校することは前提として、9時からは数学、とか、午後は受講する、とか。

1日1日のやるべきことをこなす、それを第1に考えていれば、夏休みを乗り切ることが出来ると思います。

夏休みが終わった時に、胸を張って「自分の納得がいく勉強が出来た!」と言えているでしょうか?

1ヶ月後が楽しみですね。

さて、今日は7月31日。

招待講習講座締め切り最終日です!!

あの先生の授業が講座無料で受けられるのは今日まで!

 

まだ東進の授業を受けたことがないという方は、これを機会にお申し込み頂いては如何でしょうか?









2017年 7月 30日 暑くて熱い夏を乗り切ろう!

こんにちは!慶應義塾大学文学部の中田能洋です!!

大学の試験が無事終わり、僕もとうとう夏休みに入りました!大学によっても変わりますが、慶應では7月下旬までテストがあるので皆さんよりも夏休みに入るのが遅いんです…

横浜校は本日も朝7時から開館しています!!

さて、今日からのテーマは「夏休みを乗り切るための方法」です!

夏休みが始まってしばらく経ちますが、気力は保てていますか?

折角長時間勉強できる夏休みにだらだらと過ごすようになってしまってはもったいないですよね。そこで僕たち担任助手がどのように夏を乗り切っていたのか紹介したいと思います!

① こまめに水分を補給すること

塩分もある程度とっておくとよいです。熱中症対策は万全を期しましょう。

② 睡眠時間を確保すること

夜更かしして翌日10時に起きるとかは最悪です。

③ 適度に運動すること

勉強のために部屋にこもりきりになると体力があっという間になくなります。

これを見て「ただの体調管理法じゃん」と思ったそこの君!受験には体力が必要であることを忘れてはいけません!

体調管理は基本中の基本。だからこそ、環境が変わりがちな夏休みは特に注意しましょう!


 







2017年 7月 29日 センター過去問どれだけやるか?

こんにちは!横浜市立大学医学部2年の浅見俊輔です!!

センターの過去問を夏にどれだけやるべきか話したいと思います。

まずは苦手科目をセンターの過去問で克服しましょう。

苦手科目、苦手分野をいかにすくなくするか受験において重要なことの一つだと思います。

意外と苦手科目に時間を当てられる時間って夏休みしかないですよ(秋からは大学の過去問を解き始めますからね)

苦手科目を克服するのにセンターの問題は最適だと思います。基本的なことが出題されますからね!

得意科目についてはセンターの問題だけではなく二次私大レベルの問題でどんどん演習をつんで応用力をつけましょう。

あとはセンターの時間配分で不安だったら(英語、国語、数学など)、毎日ではなくてもいいから定期的に解いておくといいかもしれません。

効率的に時間をつかって充実した夏にしましょう!

また、東進では夏期招待講習をやってます!東進の講座を無料で2講座できるのは7/31のお申込みまでです!









2017年 7月 28日 センター数学で時間が足りない人へ!

こんにちは!明治大学情報コミュニケーション学部2年雨宮裕樹です!!

(※写真は渡辺先生です)

今日はセンター試験の過去問演習の中でも、数学について話したいと思います!

センター試験の数学は、とにかく時間が足りません。

そんな時、一体どうすればいいのか…

センター数学は基本的に、それぞれの大問の後半に行くにつれて難易度が上がっていきます。

そのため、少しでも詰まったら、一旦飛ばして次の大問の比較的易しい問題を解くように心がけてください!

とにかくすべての問題をしっかりとみて、自分が解けそうなところを確実に取るのがコツです

そのためには、分からない問題は一旦飛ばす勇気が必要です。

今まで意識できていない人はぜひ試してみてください!


 

 








2017年 7月 27日 センター試験過去問の演習は何のために行う?

こんにちは!慶應義塾大学経済学部の渡邉悠介です!



今日は自分がどう過去問を意義づけていたかについて伝えたいと思います!

私は、過去問の意義は二つあると感じています。

1つ目は、みなさんも思っているように過去問を解くことで、センター試験独特の問題形式になれることや時間配分を気にすることができるということです。

これは本番に向けての練習という意味でとても大事ですよね。

より大きいのが自分がどれだけ力をつけたか確認するためです!

どんくらい自分ができてるか測ることで何が必要か明確になって来ます。

でもセンター試験の赤本は重いし持ち歩くのはめんどくさい…という人もいると思います。

そんなあなた!東進にはセンター演習過去問講座というのがあります。

この中には膨大な東進のセンター模試の過去問が入っているので、非常に多くの演習を積むことができます!自分はこれを活用してました!

また、現在東進では夏季特別招待講習を行っています!

そんな東進の授業を無料で受けられる期限が残り4日と迫ってます!!

気になる人はいますぐお申し込みください!!!