☆現代文の復習方法☆-松田ver- | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2017年 11月 4日 ☆現代文の復習方法☆-松田ver-

こんにちは!順天堂大学医療看護学部の松田です!

ついに11月になりましたね!!一番好きな冬が来てウキウキしています☆

寒さ対策には気を付けてください!

今回のテーマは「科目のやり直しの仕方」です!

先日も全国統一テストがあり、最近模試を受けた生徒も多いのではないのでしょか?

もちろん、模試を受けること自体はとても大切です。しかし、受けたっきりになってしまったら模試を受けた意味はありません!!一番大切なのは模試の解きなおしです!!!

私からは「現代文」の復習の仕方について説明します☆

まず、解答を読み根拠となる部分を把握します。そして他の選択肢を見てなにが違うのかを解答を見ながら理解します。ここでポイントなのが、選択肢に書かれている文章は、句読点などで区切られ半分に分けることができるものが多いはずです。前半と後半に分けて、前半から確認していきます。前半の文章が間違いではなかったら次に後半の文章を確認します。

正解でない選択肢には必ず、間違えている部分があるはずです。

①自分がどこで見落としていたのか

②なにが根拠でこの答えになったのかを理解していくことが大切です。

そして、その解き方や答えの導き方を自分のものにして、次に生かしていきましょう!!

苦手な子も何度も解く練習をして自分の解き方を見つけていけば、必ず点数は上がります!

私は、最初に問題文を読みます。次に、本文に入り登場人物に〇を付けて、「だから」「つまり」「なので」「しかし」「ところが」などの接続詞のあとの一文に傍線を引いていました。接続詞のあとは重要なことが多いのであとから文章を読むときにどこが筆者の言いたいことなのかが分かります。

高3生は受験までもうすぐですが、最後まであきらめずに自信をもって勉強をやり抜きましょう!!

今頑張って勉強していることは絶対に無駄ではありません。

高1、高2生も横浜校で一緒に受験勉強をがんばりましょう!!!