高校3年生にとっての夏休みの意味! | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2017年 7月 14日 高校3年生にとっての夏休みの意味!

こんにちは明治大学法学部2年の田代ななです!

7月ももう中旬!THE夏の天気が続いていますね~

東進ハイスクールの夏期合宿まであと8日!合宿にむけて毎日発音・アクセントの音読会を開催しています!

さて本日のテーマですが、ひきつづき「夏休みの意味」ということでお話ししたいと思います!

高校3年生にとって夏休みは「受験の天王山」とよばれていますね。まだ受験生の夏を経験したことのない方でも相当大変だということは想像できるのではないでしょうか?実際、受験生としての1年間で一番大切な時期であることはまちがいないです!

この夏休み、受験生のみなさんに特に心がけてほしいことは「時間の使い方」です!

長期休みの期間は普段と違い、自分自身で勉強する時間が1日のほとんどを占めることになるとおもいます。だいたい受験生は1日15時間勉強するといわれていますね~!みなさんはこの15時間をどのようにつかいますか?

この15時間をむだに使わないためには、まずは夏休み達成すべき目標を立てましょう!そしてそれを週単位、日単位に考えてみることで、1日自分がやるべきことが明確になります! 

高校3年生の夏休みは自分との戦いです!つらくなることもあるかもしれません。ですが夏を制したものは受験を制します!横浜校スタッフ一同、皆さんの夏休みを応援しています(*^^)v