逆転合格のための勉強法 | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2018年 5月 16日 逆転合格のための勉強法

 

こんにちは!はじめまして!

担任助手を務めさせていただいてます、慶応義塾大学経済学部一年の高橋志有人です!

授業にバイトにサークルと、とても忙しい日々を送っています笑

さて、この記事を読んでくださっている皆さんの中に、部活や遊びで大変で今のところ全然勉強に手が回っていない方はいませんか?

正直僕は高校三年生になるまで全くなにもやっていないに等しい状態でした。

具体的にいうと、高校が東京にあり、その誘惑を断ち切ることが出来ず、2年を無駄にしました。(もちろん楽しかったですけど笑)

そんなぼくからこの時期の英語と日本史の勉強法についてお話しさせていただきたいと思います。

まずは英語です。英語は単語、熟語、文法などの基礎力がついていなければ話にならない科目です。遅くとも六月中にけりをつけましょう!!

厳しいと思う方もいると思いますが、まわりのライバルたちは1、2年のうちに仕上げてきていますし、浪人生もいます。彼らと戦うと考えればそれくらいはささっとやっちゃってください!

長文にはその時点ではまだ力を入れる必要はありませんが、週2回程度の頻度で約300~500単語の長文を解き、丸つけなどを済ませたらその文を音読しましょう。

その回数ややり方は諸説ありますが、僕は初めは和訳を見ながら詳しく慎重にやり、少しずつ読むスピードを速くしていく方法で15回やっていました。

次に日本史です。初めから深く具体的にやろうとする方がたまにいますが、正直いい方法とは言えません

これは世界史にも共通して言えることですが、なによりも流れが大切です。すぐに一問一答などの問題集に取り組むのではなく、まずは教科書などで流れを掴みましょう!

つらいとは思いますが、一緒に逆転合格を目指しましょう!!!