差をつける方法☆ | 東進ハイスクール横浜校|神奈川県

ブログ

2017年 10月 2日 差をつける方法☆

こんにちは!上智大学経済学部経済学科久保田志帆です。

もう10月ですね!!歳を取るにつれて時間の流れが早く感じる今日この頃です

東進では12月から、今現在の学年の1つ上の学年で呼ばれます。(例:高校2年生→新高3生、高校1年生→新高2生)

なんで!?面倒くさいから普通の学年でいいっしょ!?

と、反抗期のコは思うでしょう。私もその中の1人でした。しかし、そんなことはないです!

なぜなら、高校3年生になれば、周りも自分も必ず受験生だからです!皆が受験生ということは、皆が勉強するので、差をつけることは困難ですよね?

高2の第一志望校合格者の1日の平均勉強時間が3時間高3が6時間半だとすると、もし、今から勉強することが出来れば

3h×120日(12月から3月)=360h の差をつけることが出来るんです!

逆に高3になってから 差を埋めるために1日1時間以上勉強しなくては、この差は埋めることは出来ません。つまり1日平均7時間半以上の勉強が必要です!

高3になっても平日は5hくらいが限界。ということは、土日にそれぞれ13hの勉強が必要になります。

みなさんはいつから高3生(受験生)を始めますか?

東進の生徒は12月からです!

10月から始めたら,より差をつけられること間違いなし!